京都カレンダー

5月の京都行事・イベント


各エリアボタンをクリックすると、その地域の行事のみ表示されます。

  • 洛北
  • 洛東
  • 洛中
  • 洛西
  • 伏見・宇治
先斗町 第181回 鴨川をどり

先斗町 第181回 鴨川をどり2018年5月1日 (火)~5月24日 (木) 12時30分、14時20分、16時10分

先斗町花街の芸妓・舞妓の舞踊公演は明治5年初演の歴史。毎年創意工夫された演目は定評があり、豪華絢爛な舞台は人々を魅了します。

【料金】茶券付特別席 4,800円  特別席 4,200円  普通席 2,300円
【場所】先斗町歌舞練場
【URL】先斗町歌舞練場公式サイト
【住所】中京区先斗町通三条下ル
【アクセス】市バス205「河原町三条」
【TEL】075-221-2025

上賀茂神社 賀茂競馬会足汰式

上賀茂神社 賀茂競馬会足汰式2018年5月1日 (火) 13:00~

5日の賀茂競馬に先立ち、馬の年齢、遅速を実際に見て、組合せを決定するものです。烏帽子に浄衣の装束で騎乗し、本格的に馬にムチを入れ試走する姿は迫力あります。

【料金】有料席(500円)
【場所】上賀茂神社
【URL】上賀茂神社公式サイト
【住所】北区上賀茂本山339
【アクセス】市バス「上賀茂神社前」
【TEL】075-781-0011

上賀茂神社 賀茂競馬会足汰式 上賀茂神社 賀茂競馬会足汰式 上賀茂神社 賀茂競馬会足汰式 上賀茂神社 賀茂競馬会足汰式 上賀茂神社 賀茂競馬会足汰式
千本ゑんま堂 大念仏狂言

千本ゑんま堂 大念仏狂言2018年5月1日 (火)~5月4日 (金) 1・2日は19:00~  3・4日は13:00~18:00~の2回

京の三大念仏狂言のひとつ。足利義満が普賢象桜を賞でたのが機縁で、花の盛りに行われます。狂言は有声です。1・2日は19時から。3・4日は13時からと18時からの2回(無料)。

【料金】無料
【場所】千本ゑんま堂(引接寺 いんじょうじ )
【URL】千本ゑんま堂(引接寺 いんじょうじ )公式サイト
【住所】上京区千本通蘆山寺上ル閻魔前町34
【アクセス】市バス206「千本鞍馬口」
【TEL】075-462-3332

藤森神社 藤森祭

藤森神社 藤森祭2018年5月1日 (火)~5月5日 (土) 駈馬神事は13:00、15:00

※駈馬神事は5日
端午の節句にふさわしいお祭り。
5日には、神輿巡行、武者行列、神楽奉納があり、人気の駈馬(かけうま)神事は13時と15時から行われます。戦場の馬術を再現した見事な曲乗りは、スリルも迫力も満点!

【場所】藤森神社
【URL】藤森神社公式サイト
【住所】伏見区深草鳥居崎町609
【アクセス】JR奈良線「JR藤森」、京阪電車「墨染」
【TEL】075-641-1045

下鴨神社 流鏑馬神事(やぶさめしんじ)

下鴨神社 流鏑馬神事2018年5月3日 (木) 13:00~15:30

葵祭の前儀で、祭の露払いとして、古くから行われて来た神事、馬を馳せながら鏑矢(かぶらや)を射ます。狩装束の射手が馬上の妙技を披露します。

【場所】下鴨神社
【URL】下鴨神社公式サイト
【住所】左京区下鴨泉川町
【アクセス】市バス4・205「下鴨神社前」
【TEL】075-781-0010

伏見稲荷大社 稲荷祭還幸祭

伏見稲荷大社 稲荷祭還幸祭2018年5月3日 (木) 還幸祭 は16:00~

京都駅八条口にほど近いお旅所に駐輿していた神輿がお還りになるお祭です。14:00から神輿は、供奉列と共に氏子区域を巡幸して本社に還幸します。

【場所】伏見稲荷大社
【URL】伏見稲荷大社公式サイト
【住所】伏見区深草薮之内町68
【アクセス】JR奈良線「稲荷」、京阪本線「伏見稲荷」
【TEL】075-641-7331

狸谷山不動院 狸谷山大般若祈願会

狸谷山不動院 狸谷山大般若祈願会2018年5月3日 (木) 11:00~

不動明王の尊前にて護摩を焚き、参拝者全員でお経を唱え、大般若経の風にあおられ、無病息災・災難除けを祈願します。また、「たたき加持」も施されます。

【場所】狸谷山不動院
【URL】狸谷山不動院公式サイト
【住所】左京区一乗寺松原町6
【アクセス】市バス5「一乗寺下り松町」
【TEL】075-722-0025

上賀茂神社 斎王代禊の儀

上賀茂神社 斎王代禊の儀2018年5月4日 (金) 10:00~

行列の中心となるヒロインの斎王代には市内の未婚の女性が選ばれ、祭に奉仕する斎王代以下女人列に参加する50名余りのみそぎ祓の儀が行われます。

2018年は上賀茂神社で行われます。

【場所】上賀茂神社
【URL】上賀茂神社公式サイト
【住所】北区上賀茂本山339
【アクセス】地下鉄烏丸線「北大路」より市バス北3「御薗口町」
【TEL】075-781-0011

下鴨神社 歩射神事(ぶしゃしんじ)

下鴨神社 歩射神事2018年5月5日 (土) 11:00~

弓矢を使って葵祭の沿道を清める魔除けの神事。
歩射神事は、三日に行われる馬上の流鏑馬に対して、地上で矢を射ることに由来している。 射手が弓を鳴らす「蟇目式(ひきめしき)」で四方の邪気を祓い、鏑矢を楼門の屋根を越えて飛ばす「屋越式(やごししき)」、大きな的を射る「大的式(おおまとしき)」、連続で矢を射る「百々手式(ももてしき)」がそれぞれ行われる。また、この四式をもって「鳴玄蟇目神事(めいげんひきめしんじ)」と呼ばれ、賀茂祭(葵祭)の安全祈願とされている。

【場所】下鴨神社
【URL】下鴨神社公式サイト
【住所】左京区下鴨泉川町
【アクセス】市バス4・205「下鴨神社前」
【TEL】075-781-0010

今宮神社 今宮祭

今宮神社 今宮祭2018年5月5日 (土) 5日10:00〜、11日12:00〜

紫野御霊会が始まりとされる西陣の祭。神幸祭から還幸祭まで8日間にわたって行われます。
5日に神幸祭、11日には還幸祭が行われ、数ヶ所で行われる神輿の舁き上げは勇壮。大きさ、重さともに京都一とも言われる神輿を総勢100人もの男たちが 舁く姿は圧巻です

【場所】今宮神社
【URL】今宮神社公式サイト
【住所】北区紫野今宮町
【アクセス】市バス206「船岡山」
【TEL】075-491-0082

地主神社 例大祭 地主祭り

地主神社 例大祭 地主祭り2018年5月5日 (土) 13:00〜 例大祭は14:30頃〜

白川女、稚児武者行列等約100名の行列が氏子町内を一巡。かつて、地主桜を御所に献上した様子を、白川女が当時そのままに伝えます。

【料金】清水寺拝観料 300円
【場所】地主神社
【URL】地主神社公式サイト
【住所】東山区清水一丁目317
【アクセス】市バス206「五条坂」「清水道」
【TEL】075-541-2097

新熊野神社 例大祭(神幸祭)

新熊野神社 例大祭(神幸祭)2018年5月5日 (土) 12:00~

中世の「熊野詣」を再現した行列が、今熊野一帯を練り歩きます。
行列は13時に神社を出発し、16時頃帰還します。

【場所】新熊野神社
【URL】新熊野神社公式サイト
【住所】東山区今熊野椥ノ森町42
【アクセス】市バス208「今熊野」
【TEL】075-561-4892

上賀茂神社 賀茂競馬

上賀茂神社 賀茂競馬2018年5月5日 (土) 10:00~

競馬会神事(くらべうまえじんじ)13:00~
賀茂競馬競馳(かもくらべうまきょうち)
乗尻(のりじり)は左右に分れ、左方は打毬(たぎゅう)、右方は狛鉾(こまぼこ)の舞楽装束を着けます。勧盃、日形乗、月形乗、修祓、奉幣の儀を行い、次いで馬場にて順次競馳(きょうち)します。 その様子は『徒然草』等にも書かれています。

【料金】拝観席(500円・1000円)
【場所】上賀茂神社
【URL】上賀茂神社公式サイト
【住所】北区上賀茂本山339
【アクセス】地下鉄烏丸線「北大路」より市バス北3「御薗口町」
【TEL】075-781-0011

安井金比羅宮 春季大祭

安井金比羅宮 春季大祭2018年5月10日 (木) 春季大祭 11:30 火焚神事 13:00

安井金比羅宮の春の大祭。
本殿で大祭斎行の後、境内の「縁切り縁結び碑」前庭に護摩壇を設け、氏子崇敬者の皆様の願いが書かれた護摩木を焚き上げ、諸願の成就を願います。

【場所】安井金比羅宮
【URL】安井金比羅宮公式サイト
【住所】東山区下弁天町70
【アクセス】市バス「東山安井」
【TEL】075-561-5127

安井金比羅宮 春季大祭 安井金比羅宮 春季大祭 安井金比羅宮 春季大祭 安井金比羅宮 春季大祭 安井金比羅宮 春季大祭
菅大臣神社 例祭と狂言

菅大臣神社 例祭と狂言2018年5月12日 (土)・5月13日 (日) 14:00~

天神様こと菅原道真の邸跡と伝えられる神社の菅公を偲ぶ祭りです。7日には14時より山伏のお練り、8日は14時頃から、拝殿にて茂山千五郎社中による狂言奉納があり自由に鑑賞できます。

【場所】菅大臣神社
【住所】下京区仏光寺通新町西入菅大臣町
【アクセス】市バス50「西洞院仏光寺」
【TEL】075-351-6389

市比賣神社 春季大祭

市比賣神社 春季大祭2018年5月13日 (日)

藤原経清・源為家が神社境内で行った「競弓(くらべゆみ)」の故実に倣い「斎矢(いみや)・試弓(ためしゆみ)神事」が奉納されます。

【場所】市比賣神社
【URL】市比賣神社公式サイト
【住所】下京区河原町五条下ル一筋目西入ル
【アクセス】市バス17「河原町正面」
【TEL】075-361-2775

新日吉神宮 新日吉祭

新日吉神宮 新日吉祭2018年5月13日 (日)

850年もの歴史があり、妙法院の門跡も出社し、法楽の儀が行われます。祭官が祝詞を述べ、門跡が読経する、神仏混交の珍しい光景が見られます。

【場所】新日吉神宮
【住所】東山区東山七条東入る
【アクセス】市バス206・208「博物館三十三間堂前」
【TEL】075-561-3769

新日吉神宮 新日吉祭 新日吉神宮 新日吉祭 新日吉神宮 新日吉祭 新日吉神宮 新日吉祭 新日吉神宮 新日吉祭
松尾大社 還幸祭

松尾大社 還幸祭2018年5月13日 (日)

三御旅所に駐輦されていた神輿と月読社の唐櫃とが、西寺跡の「旭の杜」に集合し、祭典をした後、松尾大橋を渡り、松尾大社に還御されます。

この還幸祭は神輿渡御祭の中心で、今でも氏子中で「おまつり」と言えば、この祭を意味します。
松尾大社の本殿、楼門、社殿、各御旅所の本殿、神輿から供奉神職の冠・烏帽子に至るまで、葵と桂で飾るので、古くから「葵祭」とも言われてきました。
還幸祭には下津林地区から選ばれた稚児が「松尾使」として奉仕します。

【場所】松尾大社
【URL】松尾大社公式サイト
【住所】西京区嵐山宮町3
【アクセス】阪急嵐山線「松尾」
【TEL】075-871-5016

松尾大社 還幸祭 松尾大社 還幸祭 松尾大社 還幸祭 松尾大社 還幸祭 松尾大社 還幸祭
葵祭

葵祭2018年5月15日 (火) 10:30~

葵祭は、京都3大祭の一つ。
宮中の儀・路頭の儀・社頭の儀からなり、その中でも文官・武官列や女人列、斎王代を乗せた腰輿、牛車など500人が練り歩きます。

京都御所(出発 10時30分) →
下鴨神社(到着 11時40分 出発 14時20分) →
上賀茂神社(到着 15時30分)
*時間は先頭通過予定時刻
*先頭から最後尾の通過までに1時間弱

詳しくはこちら

【場所】京都御所・下鴨神社・上賀茂神社
【URL】京都市観光協会

御霊神社(上御霊神社) 御霊祭

御霊神社(上御霊神社) 御霊祭2018年5月18日 (金) 祭儀 11:30~ (宵宮17日)

神幸祭(社頭之儀)5月1日
還幸祭(渡御之儀)5月18日
巡幸/先頭12時30分、最後尾13時予定 鉾、神輿、御所車(牛車)の行列
御霊信仰発祥の地として、渡御之儀(とぎょのぎ)は、祭礼として日本最古の御霊会を今に伝えています。
前日は宵宮祭で境内は賑わいます。当日はお神輿、御所車、剣鉾などが氏子地域を練り歩きます。

【場所】御霊神社(上御霊神社)
【住所】上京区上御霊前通烏丸東入上御霊竪町495
【アクセス】地下鉄「鞍馬口」
【TEL】075-441-2260

下御霊神社 還幸祭

下御霊神社 還幸祭2018年5月19日 (土)・5月20日 (日) 宵宮 20日18:00〜

初日は宵宮で松明、子供御輿など。2日目は稚児行列、お神輿が周辺を巡行し、剣鉾刺しも見もの。
両日とも神社の境内と門前の寺町通の東側(丸太町~二条)には露店が80軒ほど並び、今も昔と変わらず多くの人で賑わいます。

鳳輦列巡幸
午前10時に神社を出て氏子区域の東を廻り一旦神社に帰着。
午後2時から西を廻り5時に帰着する予定。

神輿列巡幸
午前11時半に神社を出て午後5時ごろ帰着する予定。

【場所】下御霊神社
【URL】下御霊神社公式サイト
【住所】中京区寺町通丸太町下ル
【アクセス】京阪電車「丸太町」  市バス 河原町丸太町
【TEL】075-231-3530

野宮神社・愛宕神社 嵯峨祭

2018年5月20日 (日) 20日神幸祭 27日還幸祭 

元禄4年、松尾芭蕉も見学したという、嵯峨野に鎮座する愛宕、野宮両神社の祭礼です。

20日は神幸祭。清凉寺前の御旅所に神輿が並びます。
27日には神輿、剣鉾、稚児行列が嵯峨野一帯を巡行します。
午前10時御旅所出発 正午大覚寺 午後3時渡月橋付近 午後5時御旅所着。愛宕・野宮両神社の御神輿、剣鉾などが巡幸します。

【場所】野宮神社・愛宕神社
【URL】野宮神社・愛宕神社公式サイト
【アクセス】市バス28「嵯峨釈迦堂前」
【お問合せ】嵯峨祭奉賛会 090-6240-7000

三船祭

三船祭2018年5月20日 (日) 13:00頃~15:00頃 ※雨天時の決行は未定

毎年5月の第3日曜日に嵐山の大堰川において、祭神である清原頼業が活躍された平安時代の船遊びが再現されます。
御座船・龍頭船・鷁首船を始めとする船の上で様々な伝統芸能が披露され、公募で選ばれた女性が「枕草子」で有名な「清少納言」に扮し、新緑の嵐山に華を添えます。
清少納言は車折神社「清少納言社」に「才色兼備」にご利益のある神様として祀られています。

【場所】嵐山大堰川周辺
【URL】車折神社
【住所】嵐山
【アクセス】市バス28「嵐山公園」・阪急嵐山線「嵐山」・京福電車「嵐山」
【お問合せ】京都嵐山 三船祭保存会

鞍馬寺 五月満月祭(うえさくさい)

鞍馬寺 五月満月祭2018年5月28日 (月) 19:00~

満月の宵に、鞍馬山に祀られている大魔王尊に人類のめざめを参加者全員で祈ります。灯の蓮花を一斉に尊天に捧げる光景はまさに幻想的。儀式の始まりは相当古く、ヒマラヤ山中や東南アジアのウエサク祭と酷似しているといわれています。

【料金】300円
【場所】鞍馬寺
【URL】鞍馬寺公式サイト
【住所】左京区鞍馬本町1074
【アクセス】叡山電鉄「鞍馬」
【TEL】075-741-2003

三千院 御懺法講(おせんほうこう)

三千院 御懺法講2018年5月30日 (水) 11:00~

本来、宮中御懺法講として御所で行われていた天皇家の回向法要で、声明法ともいわれる声明と雅楽による平安絵巻さながらの伝統法要です。三千院の催事の中でも重要で賑々しい催事です。

【料金】拝観料 500円(通常は700円)※当日は庭園のみの拝観となります
【場所】三千院
【URL】三千院公式サイト
【住所】左京区大原来迎院町540
【アクセス】京都バス17・18「大原」
【TEL】075-744-2531

※主催者の都合や天候等の理由により、日程や内容等が変更になる場合がありますので、
事前にご確認をお願いします。

クローズアップ