祇園祭

祇園祭

行事 山鉾建て 曳初め・舁き初め 山鉾 宵山行事
屏風祭 お稚児さん 山鉾巡行 花傘巡行 神幸祭・還幸祭


花傘巡行
壮麗を極めた山鉾巡行からちょうど1週間後、花傘巡行が行われます。


巡行ルート・各みどころ

祇園石段下(八坂神社。10時頃)→四条河原町→御池通→寺町通→四条通→東大路通→ 神幸通→八坂神社(12時頃)

祇園石段下~四条河原町
最も賑わうところ。 四条通りの両脇は見物客でいっぱいです。
みどころ
見物の群衆に混じって、舞妓さんの姿をちらほら見かけます。 お座敷スタイルではない、浴衣や夏着物を着た舞妓さんの後ろ姿は、 暑さを一瞬忘れさせてくれるような清らかさです。
  

御池通~寺町商店街
見物客よりも、参加者の身内が応援で追っかけをしている風情です。
みどころ
大抵の見物客は、四条河原町まで巡行列を見送ると散り散りに去っていきますが、寺町商店街では手の届く近さで巡行を観る事ができました。
商店街の中なので、雨や日差しの心配がありません。

四条通
17日の神幸祭で運ばれて来た祭神は、四条通沿いの御旅所に鎮座しておられます。
そのためか、花傘巡行に参加している各グループは、この前で一旦足を止め、銘々にお辞儀をして行く姿が見られます。
    

八坂神社 12時頃
巡行列が、正門より帰っていきます。
みどころ
着いた順に、舞殿にてそれぞれ獅子舞や六斎念仏、 芸妓さん達の舞や鷺踊り等の伝統芸能が奉納されます。
まるで祭神の帰社をお祝いしているかのようです。
八坂神社  獅子舞  
鷺踊り  芸妓さん達の舞  鷺踊り


巡行列

子供みこし
子供みこし
神饌行列
神饌行列
神饌花車
神饌花車
祇園太鼓
祇園太鼓
八坂神社青年会旗−花傘−金獅子− 銀獅子 幌武者
幌武者
児武者
児武者
高士−馬長旗−八坂神社清々講社馬長−八坂神社婦人会馬長 −祇園万灯会馬長−八坂神社清々講社旗 八坂神社婦人会
八坂神社婦人会
久世六斎保存会
久世六斎保存会
京都織物卸商業組合花傘
京都織物卸商業組合花傘
花傘娘
花傘娘
織商鉾
織商鉾

先斗町お茶屋組合花傘
先斗町お茶屋組合花傘

歌舞伎踊
小町踊-祇園万灯会旗-花傘 さぎ踊
さぎ踊-万灯踊旗-万灯踊
祇園囃子
祇園囃子