祇園祭

祇園祭

行事 山鉾建て 曳初め・舁き初め 山鉾 宵山行事
屏風祭 お稚児さん 山鉾巡行 花傘巡行 神幸祭・還幸祭


祇園祭 神幸祭・還幸祭
祇園祭は山鉾巡行だけと思っていませんか?
祇園祭は八坂神社のお祭です。本来、神様を乗せた神輿渡御が最も重要な行事です。
山鉾巡行が街中のお清めをした後、八坂神社から三基の大神輿が氏子に担がれ市中を練り歩きます。そして、四条御旅所に1週間御泊りになります。

八坂神社の御祭神 スサノヲノミコト(素戔嗚尊)・クシイナダヒメノミコト(櫛稲田姫命)・ヤハシラノミコガミ(八柱御子神)の各々が三基の神輿で氏子区域を廻られるのです。
大神輿は一基3トンもあり、輿丁(「よちょう」担ぎ手)として300人ほどの人数が必要ですが、現在は800人を超える輿丁がいるそうです。 三基合わせるとすごい人数になります。

鉾には女性も上がれるところもありますが、基本的には女人禁制です。特に神輿関係は厳しいです。輿丁のための神輿弁当も男衆の手のみでつくられるそうです。

画像をクリックすると大きくなります

神幸祭(17日)

神幸祭神輿渡御巡行ルート

17日夕方、中御座、西御座、東御座の三基の神輿が八坂神社西門前に集まり、出発の儀を行った後、それぞれ別のルートで四条寺町の御旅所を目指します。
御旅所に神輿が納められ、1週間留まります。
その間、八坂神社には神様がご不在ということになります。

神輿渡御出発式
祇園祭・神幸祭 祇園祭・神幸祭 祇園祭・神幸祭 祇園祭・神幸祭 祇園祭・神幸祭
祇園祭・神幸祭 祇園祭・神幸祭 祇園祭・神幸祭 祇園祭・神幸祭 祇園祭・神幸祭


中御座神輿 (三若神輿会)
  • 素戔嗚尊(スサノヲノミコト)
  • 屋根に鳳凰を頂く六角形の神輿
祇園祭・神幸祭 祇園祭・神幸祭 祇園祭・神幸祭 祇園祭・神幸祭 祇園祭・神幸祭


東御座神輿 (四若神輿会)
  • 櫛稲田姫命(クシイナダヒメノミコト)
  • 屋根に擬宝珠を頂く四角形の神輿
祇園祭・神幸祭 祇園祭・神幸祭 祇園祭・神幸祭 祇園祭・神幸祭 祇園祭・神幸祭


西御座神輿(錦神輿会)
  • 八柱御子神(ヤハシラノミコガミ)
  • 屋根に鳳凰を頂く八角形の神輿
祇園祭・神幸祭 祇園祭・神幸祭 祇園祭・神幸祭 祇園祭・神幸祭 祇園祭・神幸祭




還幸祭

還幸祭神輿渡御巡行ルート

24日の夕方に御旅所から八坂神社にお戻りになられる還幸祭が行われます。
往路とは違った道をとりながらまた市中を練り歩き、夜12時近くに八坂神社本殿にお戻りになられます。

祇園祭・還幸祭 祇園祭・還幸祭 祇園祭・還幸祭 祇園祭・還幸祭 祇園祭・還幸祭
祇園祭・還幸祭 祇園祭・還幸祭 祇園祭・還幸祭 祇園祭・還幸祭 祇園祭・還幸祭
祇園祭・還幸祭 祇園祭・還幸祭 祇園祭・還幸祭 祇園祭・還幸祭 祇園祭・還幸祭
画像をクリックすると大きくなります


お神輿スケジュール

神輿洗
神輿洗 神輿洗 神輿洗 神輿洗 神輿洗 神輿洗

祇園祭 神幸祭・還幸祭はそれぞれの神輿会、氏子地域の人々によってまもられてきた神事です。
7月10日 神輿洗 18時の「奉告祭」終了後、神輿三基を舞殿に据えます。その内一基(中御座)を担ぎ、列の前後を松明で照らし、鴨川四条大橋の上まで行き、神輿を清める儀式を行ないます。午後8時30分頃八坂神社に戻り、17日の神輿渡御にそなえ三基の神輿を飾り付けます。また28日の神輿洗では神社に戻ったあと、神輿庫に収められます。
お迎提灯 「神輿洗」の神輿を迎えるため、万灯会有志が、それぞれの提灯を立て行列を整え巡行します。
八坂神社清々館(16:30)-石段下-四条通西-河原町通北-市役所前(17:30-18:30 舞踊奉納)-寺町通南-御旅所-四条通東-円山公園-石段下にて神輿洗の神輿を迎える-東大路南-神幸道東-八坂神社(20:30)-能舞台にて舞踊奉納
7月17日 神幸祭 八坂神社正門より三基の神輿が出発し、18時過ぎに八坂神社西門石段下に集合。三基で一斉に行う差し上げは圧巻です。
その後、それぞれの巡行ルートをとおり、四条寺町御旅所に向かいます。
宮本講社神宝奉持列
豊園御真榊行列
神輿巡行と合わせて宮本講社神宝奉持列、豊園御真榊行列が巡行します。
17日~24日 無言参り 年に一度、八坂神社から鴨川を渡り、四条寺町の御旅所に神様が行かれるのにあわせて、祇園の花街の芸妓さん・舞妓さんも同じく鴨川渡り、無言で7日7晩、御旅所に詣でると願いがかなうと伝えられています。
7月24日 還幸祭 御旅所から神様が八坂神社にお戻りになられる巡行です。
三基の神輿が17時頃から順に御旅所を出発し、17日の神幸祭とは違ったコースを取りながら、八坂神社に戻ります。
7月28日 神輿洗 10日の神輿洗と同じく神事が無事終了した神輿を清める儀式を行います。
その後、神輿庫に収められます。


神輿と山鉾巡行の関係

八坂神社の祭神をお神輿に乗せて、四条寺町の御旅所へ送りするのです。
山鉾巡行は、それに先駆けて街中を清めるために、神の使いである稚児が山鉾を率いて巡回するのです。
中御座、西御座、東御座の各神輿を担ぐため、あらかじめ銭湯に入る等して体を清めた男達(錦市場の方々やボランティアの 外国人等)が、さらしを巻き、法被 を羽織って神輿の前に跪く姿はたいそう凛々しい。
そして神様が八坂さんへと再び戻って行く日が、24日の還幸祭であり、花傘巡行 (別名「後の祭(あとのまつり)」)の日という仕組み なのです。

神輿  mikosi  mikosi

無言参り

7/17の山鉾巡行の終わった夕刻、八坂神社から神様が3基の神輿に乗られて、四条寺町の御旅所に滞在されます。御旅所は神様のお宿です。
7/24の還幸祭でお帰りになられるまでの7日間、「無言詣り」といって、舞妓・芸妓さんが七日七夜、この神輿前に無言で詣でると、願いが叶うと言う言い伝えがあります。
七日七夜は無理でも一度でも無言参りをしてみませんか?

御旅所  御旅所  御旅所