安倍晴明|ざ・京都は京都観光や祭り行事の情報満載のポータルサイトです。

安倍晴明

プロフィール ツアー行程 ゆかりの名所 エピソード

安倍晴明ツアー
1) 鉄輪の井戸(かなわのいど)
鉄輪の井戸
鉄輪の井戸
・・・鬼と化すほど狂おしい恋

京都駅から地下鉄烏丸線、「五条駅」より約5分、鉄輪の井戸(見学自由)へ。
ここを舞台に夢枕獏氏が『陰陽師(おんみょうじ)・生成り姫』を書いている。元となった伝説が、謡曲『鉄輪(かなわ)』に出てくる、鬼女の話。

『夫に浮気をされ、恨んだ末に頭に鉄輪を頂いて丑の刻参りをし、挙句、鬼になってしまう。夫は晴明に依頼して呪いを解き放つ。そしてとうとう女は家の近くの井戸のほとりで息絶えた・・・。』

その井戸がここ、鉄輪の井戸。鬼女になるほど狂おしい恋をした女性、仕事とはいえ、その呪いをはね返した晴明。そこにはビジネスライクでクールな顔がかいま見える。
井戸の場所は少々分かりにくいが格子戸の前に石碑があり、その奥にある。自由に入れるが、民家の敷地内なのでお静かに。

そして鴨川に架かる松原橋の東詰。
晴明が没した時、塚が築かれ、ここに埋葬されたと言われている。
(残念ながら、今は何も残されていない)
松原橋
晴明が埋葬された松原橋


2) 長仙院(ちょうせんいん)
安倍晴明木像
安倍晴明木像(長仙院蔵)

晴明像と2体の僧形像
晴明像は2体の僧形像と安置
・・・鋭い眼光に陰陽師の本質を見る

四条大橋を渡って河原通を北へ。六角通を西に入ると繁華街の中に長仙院(日中随時・拝観無料、075-221-5179へ要予約)。
ここは安倍晴明の木像が安置される寺。いよいよその実像に迫ることができる?本堂の片隅に2体の木像(1体は蝉丸という説あり)と共に置かれた目前の晴明像は、束帯姿の座像。狩衣の袖を翻し、眉間に皺を寄せ、鋭い眼光を放っている。

若くて美形、マンガの晴明とはイメージが違い、40代くらいだろうか?大陰陽師の威厳と風格が漂う。
この晴明像は、廃仏毀釈に伴い、明治10年、本尊の阿弥陀如来像など5体と共に、松原橋近く(先程訪れた元晴明の墓があった辺り)の清円寺から譲り受けられたもの。 幸運にもその興味深い契約書を見せていただくことができた。

もちろん長仙院は、晴明像以外にも見所が多い。本尊の脇侍の勢至菩薩の姿態や、良く手入れされたサツキの庭も美しく、周囲の喧噪を忘れるほどだ。

晴明像等が譲られた際の証文
晴明像等が譲られた際の証文
庭園
手入れの行き届いた庭園


3) 清明邸跡(京都ブライトンホテル)
京都ブライトンホテル
京都ブライトンホテル
(晴明邸跡)
・・・モダンな空間で、千年の余韻を楽しむ

地下鉄「市役所前駅」から東西線に乗り、「烏丸御池駅」で烏丸線に乗り換え、「今出川駅」へ。徒歩で新町上長者町のブライトンホテルへ。
『大鏡』によると、かつての晴明邸が「土御門大路(現在の上長者町通)と町尻小路(現在の新町通)の交差する辺り」にあったらしい。その晴明邸跡が今ではモダンなこのホテルになっている。

ここまで来たところでランチタイム。
「料理が美味しい!」と評判のブライトンで晴明を偲びながら、ランチ(\2,000~)をいただく。予算に余裕があれば宿泊もおすすめしたい。

晴明邸跡で何かを感じることができるかもしれない。
ケーキ
京都ブライトンホテルのページ
ケーキも充実


4) 一条戻り橋(いちじょうもどりばし)
一条戻り橋の下
一条戻り橋の下
・・・夢と現が交錯する魔界の橋を潜る

まだ、晴明の実像はつかめない。中立売通を西へ。堀川通 に出ると「堀川第一橋」に突き当たる。

橋から下を覗くとその下で遊ぶ子供達が遊んでいる。見れば橋から掘川に降りるコンクリートの階段が!かつては水が流れていたという堀川に降りてみた。
(雨の日は危険なので降りない方が無難)このまま北へまっすぐ行くとそこは一条戻橋。

死人が生き返る、嫁入りの時に通ると出戻る等不思議な伝説に彩られている。そして「妻が怖がる」という理由で、晴明が式神を封じたとされる橋なのである。愛妻家としてのもう一つの顔。彼の多面 的な魅力にふれる思いだ。

橋の下は薄暗く、じめじめしていて細い溝が2本ほど通 る。今にも式神が現れそうだ。階段から地上にはい上がると、いつも通り柳が美しい戻り橋。橋の下と上、夢と現が交錯する魔界の入り口。勇気がある方は潜ってみるのもいいかもしれない。

戻橋の向かいにあるバス停はその名も「一条戻り橋」。 京都駅から直接晴明神社へ向かう場合は「市バス9系統」に乗り、ここで下車する。 *
戻り橋の説明を読む晴明ファン


5) 晴明神社(せいめいじんじゃ)
晴明神社
晴明神社

岡野玲子の絵馬
岡野玲子の絵馬

一条戻橋の橋げた
一条戻橋の橋げた
・・・ブームの聖地で人気のグッズを入手

戻り橋から2分ほど堀川通りを北に上るとそこは晴明ファンのメッカ・晴明神社(境内自由)。晴明が亡くなった後、一条天皇の命により晴明を祀るために建てられた神社である。
「安倍晴明公居館之址」という石碑が立つ。建立当時は先ほどのブライトンホテルの場所にあったが、応仁の乱で消失し、現在の場所に移ってきたという。

鳥居をくぐってまず目に飛び込んできたのが、一条戻橋の欄干。戻り橋は1995年に建て替えられたが、それまでの欄干を晴明神社の境内に祀っているというわけだ。 まずは本殿で参詣する。本殿の回りには晴明桔梗紋が記された絵馬に様々な願い事が書かれている。 晴明人気の火付け役ともなったマンガ『陰陽師』の作者・岡野玲子先生のイラスト入りの絵馬や、管野美穂、大槻ケンヂなど有名人の絵馬もあり、人気の程が伺える。

社務所にはお守り(\500~)や桔梗紋の付いたペンダント(\1000-)も売られている。
また、鎮座壱千年(2005年)記念の寄進(一口2000円~)をすると、額に応じてステッカー、提灯、式神ストラップ(かわいい!)がいただける。

最も人気があるのは陰陽道に基づく占い(\3000~、平日(土曜含)の9:00~16:00まで受付)で、連日、若い女性中心に希望者が絶えない。 そして見落としがちだが、本殿北の晴明井、ここから湧く晴明水は晴明の不思議な力により湧き出たそうで、飲むと悪病を払うと言われている。 例祭は毎年秋分の日とその前夜。前夜には巫女による盟神探湯(くがたち)も行われ、当日は時代衣装に身を包んだ氏子達が西陣の町を練り歩く。子供達の髪飾りや提灯、 傘、山車の見送りにもしっかり星形が付いており、晴明ファン必見のお祭りとなっている。

みずかがみ御守
みずかがみ御守
式神ストラップ
式神ストラップ
晴明井
晴明井


6) 真如堂(しんにょどう)
・・・蘇る晴明、その伝説に迫る

晴明神社から北へ5分。「堀川今出川」のバス停から203系統に乗り、東へ約20分。「真如堂前」(暗くなったら「錦林車庫前」からの方が無難)下車。
橋を渡って北西に、石段を上ると真如堂(9:00~16:00・拝観\500-)にたどり着く。本尊は阿弥陀如来、紅葉で有名なお寺だが、ここに晴明が閻魔大王からいただいて蘇生したという秘印と晴明蘇生の掛け軸がある。さらには晴明の念持仏と伝わる不動明王像が安置されている。

この中で常時拝観できるのが、内陣に安置されている「晴明蘇生の図」の掛け軸。 閻魔大王の従者からうやうやしく金印を受け取る黒の束帯姿の安倍晴明と、瀕死の晴明を助けた念持仏の不動明王が色鮮やかに描かれている。江戸時代に『真如堂縁起絵巻』を参考に描かれたといわれるこの掛け軸。原本は従者が巻物を持っているのに対し、掛け軸の方は印に変わっているそうだ。

掛け軸の下には晴明がいただいたといわれる御朱印が展示されている。本堂では五芒星が刻まれたこの御朱印と由来書(\400-)がいただける。
由来書によると、「真如堂の不動明王は安倍晴明の念持仏で、晴明が亡くなった時に、不動明王が閻魔大王に晴明の命乞いをする。閻魔サマはこの願いを聞き入れ、晴明に横死の難を救い、亡者を極楽浄土に導く秘印を与える。これにより晴明は生き返る。不思議なことにその金印が晴明の懐に入っていた。晴明はその後85歳の長寿を保ち、秘印によって、人々の苦しみを救った。大往生の後、秘印と不動明王像は真如堂に納められた」
真如堂
真如堂
晴明蘇生の図
晴明蘇生の図
晴明蘇生の図

また『真如堂縁起』(7/25のみ公開)には後日談が記される。「『室町時代に晴明の子孫・安倍有清が天皇に真如堂の不動明王像の返還を求め、勅使が真如堂から唐櫃に入れた不動明王を運び出す途中、鴨川辺りで櫃が急に軽くなり、帰って開けてみると中身は空。不動明王は真如堂の方に戻っていた。それを聞いた天皇も諦めるように晴明の子孫におっしゃった。」

そして晴明の念持仏は真如堂に安置されて今に至るそうだ。この不動明王は11月15日にのみ公開されており、残念ながら今回は出会えなかった。が、ちょうど紅葉も美しい時期。再び訪れて、ぜひとも拝見してみたいものだ。

*真如堂さん関連ページ「苦沙彌のINTERNET僧坊
晴明の念持仏の不動明王
晴明の念持仏の不動明王


7) 陰陽寮跡(おんみょうりょうあと)
陰陽寮跡にそびえるTV塔
陰陽寮跡にそびえるTV塔
・・・散策のひとときに晴明の通勤体験

楓の若葉が美しい真如堂から徒歩数分「東天王町」のバス停から204系統に乗り、丸太町通りを西へ約20分。晴明が勤務していた陰陽寮の跡へ向かう。
陰陽師といえど国家公務員。晴明は天文博士として中務省に属する陰陽寮で仕事をしていた。当時の陰陽寮は大内裏の中にあり、現在の京都の地図と重ね合わせてみると、その位置には現在NHKの建物が建っている。青空を突くテレビ塔を見ながら、天を読み、占術を司った晴明の事を偲ぶ。

晴明の住居(現ブライトンホテル)から陰陽寮(現NHK)までは約1.5km。徒歩25分くらい、充分歩いて行ける距離。ブライトンからNHKまで散歩して、晴明の通 勤体験をしてみるのも通なコースだ。
陰陽寮跡からほど近い、二筋上がったところ、千本丸太町北西の交差点には大極殿跡の説明板がある。児童公園の中には平安京の大極殿跡の碑。現在子供達が無邪気に遊ぶ公園に、平安時代は壮麗な大極殿が建っていたというわけだ。

現在の千本通が平安時代は朱雀大路と呼ばれ、平安京の中心だった。大極殿跡から千本通(朱雀大路)を南に10分ほど下ると、JR二条駅。ここに朱雀門がそびえていたということになる。その二条駅から嵯峨野山陰線に乗って約10分、いよいよ嵯峨野の晴明の墓に向かう。
大極殿跡の碑
大極殿跡の碑


8) 安倍晴明公 嵯峨墓所
・・・流転の末の安住の地

JR嵯峨嵐山駅前より南へ徒歩約7分。住宅地の間にひっそりと安倍晴明公・嵯峨墓所はたたずんでいる。夕日を受けて輝く五芒星をあしらった美しい石塔だ。稀代の大陰陽師・安倍晴明の墓石は比較的新しく、裏に回ってみると昭和47年建立の銘があった。

没後、松原橋→三条大橋→東福寺と流転を繰り返してきた晴明は今、この嵯峨野にひっそりと眠っている。
現在は晴明神社の管轄で横の小さな五輪の塔のところに「お賽銭は確実に晴明神社に届けます」との立て札があった。毎年晴明の命日に当たる9月26日には「嵯峨墓所祭」が行われるそうだ。夕闇迫る石塔に、ここが晴明の安住の地になりますようにと、晴明の冥福を祈りつつ、石塔にそっと手を合わせ、嵯峨の墓所を後にした。
五輪の塔
五輪の塔
安倍晴明の墓
安倍晴明の墓
嵯峨墓所の碑
嵯峨墓所の碑


※このページの掲載情報は、歴史上の事実とは異なる場合がございますので、ご了承下さい。
参考としてご覧頂きますようお願い申し上げます。