織田信長

信長の足跡を訪ねて

人間50年。下天のうちをくらぶれば、夢まぼろしのごとくなり。
天正10年(1582)6月2日 本能寺にて家臣の明智光秀公の謀反により奮戦空しくその波瀾にみちた49年の生涯を自ら絶たなければならなかった戦国時代の風雲児織田信長公。

幼少の頃はうつけ者として数々のエピソードを残し桶狭間の戦いにより一躍戦国時代の中心的な存在に。

比叡山焼き討ちなど、時には狂気を孕んだ行動も起こしたが、その卓越したリーダーシップと、革新的かつ独創的かつ合理的な決断力と行動力とで、天下統一を推し進めた。

今なお尊敬する歴史上の人物ナンバーワンとして、絶大な人気を誇っているという。現代においても人を惹き付けるその魅力とはなにか?

さまざまな伝説とともに、信長公が残した足跡はここ京都に数多くあるが、今回は信長公終焉の地本能寺をはじめとする信長公の墓碑を中心に、訪ね歩いてみた。



おすすめコース
map 地下鉄四条駅
阪急烏丸駅
   ↓(徒歩7分)
南蛮寺跡
   ↓(徒歩5分)
本能寺跡
   ↓(徒歩5分)
堀川蛸薬師 バス停
   ↓(市バス101系30分)
大徳寺前バス停
   ↓(徒歩10分)
建勲神社
   ↓(徒歩15分)
大徳寺総見院
   ↓(徒歩10分)
大徳寺前バス停
   ↓(市バス205系20分)
葵橋西詰バス停
   ↓(徒歩5分)
阿弥陀寺
   ↓(徒歩5分)
河原町今出川バス停
   ↓(市バス205系10分)
京都市役所前バス停
   ↓(徒歩3分)
本能寺
   ↓(徒歩3分)
地下鉄市役所前駅


南蛮寺跡(なんばんじあと) 石碑のみが建つ南蛮寺跡
石碑のみが建つ南蛮寺跡
地下鉄四条駅を出て、烏丸通りを北(御所の方向)へ向かう。蛸薬師通りを西(左折)へ。

洒落たパン屋さんやコンビニエンスストアーなどを過ぎると100円ショップが・・・こんなところにもあるのね・・・などと思いながらきょろきょろと見まわすと、その隣のビルの入り口片隅にひっそりと石碑が建っている。自転車やバイクに埋もれているが、「南蛮寺跡」と書いてあった。

解説板を読むと、秀吉公によって弾圧され破壊された・・・とのこと。信長公が本能寺の変で亡くならなければ、この南蛮寺はどうなっていただろう?ふと考えてしまった。

~南蛮寺跡~
永禄4年(1561)イエズス会宣教師ヴィレラが信長庇護の下、教会を建てたところ。以後、京での布教活動および南蛮文化の中心となり、その後、天正15年(1587)九州征伐を終えた豊臣秀吉公は宣教師追放令を発し、キリスト教弾圧に転じこの南蛮寺も姿を消した。
  • 住所:中京区室町通蛸薬師西入ル


本能寺跡(ほんのうじあと) 本能寺跡碑
本能小学校正門横の本能寺跡碑。
本能寺の変はここで起こった。

本能寺跡碑
角にぽつんと本能寺跡碑
蛮寺跡を後にして、蛸薬師通を更に西へ向かう。途中道幅が狭くなり、まるで路地裏のようだが、通りすぎる車が驚くほど多い。5分ほど歩くと左手に古い小学校が・・・角にはぽつんと「本能寺跡」と刻まれている石碑。通りすぎて校舎の正門に回ると、正門右横に大きな碑があり、信長公を偲ぶ言葉や、本能寺の変の経緯が書かれていた。

ここが信長公が明智光秀の謀反により、火を放ちその中で自刀したところか・・・

49歳の志半ばにて閉じられた生涯。思わず両手を合わさずにはいられなかった。石碑の側には真っ赤な椿が咲いていた。

~本能寺跡~
京都において織田信長公の宿所とされていた。天正10年(1582)6月2日早暁、世に言う「本能寺の変」により堂塔を焼失する。そののち現在の地(寺町通御池)において、再建された。
  • 住所:中京区蛸薬師油小路下ル


建勲神社(けんくんじんじゃ) *
建勲神社拝殿から本殿を臨む

*
信長の好んだ「敦盛」の一節
本能寺跡から再び蛸薬師通を西へ向かうと堀川通にぶつかった。ここからバスで信長公が御祭神の建勲神社とお墓がある大徳寺塔頭総見院へ向かう。約30分バスに揺られ大徳寺前で下車。

まず最初に建勲神社を訪ねることにした。大徳寺を右手に見ながら10分ほど歩けば、建勲神社の表参道大鳥居が見えてくる。中に進むと五穀豊穣織物工芸の稲荷信仰の発祥となる義照稲荷神社が左手にあり、長い石段を登っていくと建勲神社の境内へ・・・。

信長公が好んだ「敦盛」の句が刻まれた石碑を見つけた。さらに石段を登っていくと拝殿があり、そのまた奥に本殿がある。鬱蒼と茂る木々に囲まれ、シーンと静まり返っている本殿は、まるで孤高の信長公のように凛として建っていた。

~建勲神社~
豊臣秀吉公による大徳寺においての大法要ののち、信長公の霊を慰めるべく船岡山に寺を建てんとして時の正親町天皇より天正寺の寺号を賜るが、寺の竣工は中途に終わった。が、爾来船岡山は信長公の霊地として大切に保護され明治維新に至る。明治8年明治天皇によりここ船岡山に御祭神に織田信長公を奉る神社が創建された。
  • 住所:北区紫野北舟岡町49番地
  • TEL:075-451-0170
  • 拝観時間:日中随時
  • 拝観料:志納


大徳寺総見院(だいとくじそうけんいん) 寺井玄渓筆「夢」の碑
総見院は毎年10月第1日曜日~
12月第1日曜日に公開されている。

総見院の信長の墓
総見院の信長の墓

徳姫の墓
少し離れた所にある徳姫の墓
建勲神社から大徳寺まで今歩いた道を再び歩く。大徳寺は臨済宗大徳寺派の大本山で、千利休自決の原因となったと言われる「金毛閣」と呼ばれる重要文化財の三門が有名な所だ。北大路通に面している南門から中へ・・・境内にはたくさんの塔頭があり驚くほど広い!すぐに境内見取り図を確認。総見院は境内の奥のほうか・・・。

総見院境内の一番奥に、墓碑案内図どおり大きな台座に信長公一族の7基の五輪石塔が並んでいた。いやその右隣にもう一つ別の台座に1基建っている・・・。お寺の方に伺ってみると、家康公の悲劇の長男信康に嫁いだお姫様徳姫のものだという。「なんで同じ台座ではないのですか?」と訪ねると、「きっとその時代は女性と男性とは一緒に並ぶことができなかったんでしょうね」と・・・。少し離れたところに正室の帰蝶(お濃)や側室お鍋の方の墓碑もぽつんと建っている。あらためて信長公を取り巻く女性達の生き方に思いをめぐらせ、総見院を後にした。

大徳寺では基本的に常時公開されている塔頭は4寺院だけで、総見院も普段は入ることができないという。今回はもちろん一般公開時期に合わせて訪ねたが、広大な境内をゆっくり散歩するだけでも充分楽しめる。

~総見院~
本能寺の変より百日後の10月11日、大徳寺に於いて織田信長公の大葬礼が、盛大に執り行われた。喪主は信長公の遺子で、秀吉公の養子・秀勝公が努めた。その翌年の天正11年(1583)信長公の一周忌に間に合うようにと秀吉公が建立したのが総見院である。

開祖は千利休を通じて秀吉公の尊信を受けていた古溪和尚。以来6月2日の信長公の年忌には、一山総出で法要が行われた。境内には、信長公一族の7基の五輪石塔が並び、本堂には、衣冠帯刀姿の信長公の木坐像が安置されている。また秀吉公遺愛のものとして伝えられ、日本古来のものと思われる樹齢約400年の侘助椿も有名である。
  • 住所:北区紫野大徳寺町
  • TEL:075-491-0019
  • 時間・料金:園内自由
  • 拝観:毎年10月第1日曜日から12月第1日曜日の10時~16時までに限り一般公開(普段は非公開)
  • 拝観料:600円


阿弥陀寺(あみだじ) 阿弥陀寺外観
阿弥陀寺外観。
「織田信長公本廟」の石碑が目印

織田信長・信忠父子の墓
織田信長・信忠父子の墓

森蘭丸・坊丸・力丸三兄弟の墓
本能寺の変で信長に殉じた
森蘭丸・坊丸・力丸三兄弟の墓
(向かって左から)
お腹いっぱいになったところで、次は信長公の遺骨が埋葬されていると言われている阿弥陀寺へ向かう。大徳寺前のバス停から再びバスに20分ほど揺られ、葵橋西詰で下車。ここから寺町通まで行き、北に上がった東側(右手)に阿弥陀寺があるらしい。なんか同じようなお寺が並んでいるな・・・とある寺門のところに「織田信長公本廟」の石碑を発見!早速境内の中へ・・・。

ひっそりとした境内。石畳に沿って本殿の左横を通り抜けると墓地が広がっていた。正面に信長公と信忠公のお墓が並んで建っている。その横には、本能寺の変で共に亡くなった森蘭丸・坊丸・力丸の3兄弟のお墓があり、回りにもたくさんの家臣の墓が見られた。信長公と信忠公を囲むように、守るように建っていた。

「無念」という言葉がなぜか頭をよぎった。

~阿弥陀寺~
天文年間(1532~1554)清玉上人が開創した 浄土宗の寺院。京都四十八願寺巡拝の十六番札所でもあり当初は今の地ではなく現在の今出川大宮東に八町四方の境内と塔頭11ヶ寺を構えていたが、天正15年(1587)に豊臣秀吉公による区画整理によって現在のこの地に移転され現在に至っている。

寺の伝承によると、桶狭間合戦の時、信長に助けられた女人の子の「清玉」がこの寺の開祖とされており、その炎上する本能寺にこの「清玉」が飛び込んで、信長の遺骨を法衣に隠して持ちかえった、という逸話が残されている。
  • 住所:上京区寺町今出川上ル
  • TEL:075-231-3538
  • 拝観時間:日中随時
  • 拝観料:志納


本能寺(ほんのうじ) 本能寺外観
本能寺外観。 門の向こうに見えるのが
信長ゆかりの品々が 展示されている宝物庫

境内の信長の供養塔
境内の信長の供養塔

家臣達の合祀墓
本能寺の変で亡くなった
家臣達の合祀墓
さて、いよいよ最後の目的地本能寺へ。今出川通を東に歩くと河原町通とぶつかる。そこのバス停河原町今出川より再びバスに乗り、約10分ほどで京都市役所前に到着。そこから3分ほど御池通を西へ寺町通まで行けば本能寺だ。

寺町通商店街を進むと左手におおきな寺門がそびえ立っている。境内を進むと右手に宝物館。ここには本能寺の変ゆかりの品や信長公の遺品がたくさんあると聞く。最後にゆっくり見るとしようか・・・。

正面に本殿。さらに右手奥に進むと、信長公廟が見えてくる。ビルや賑やかな店先に囲まれた風景から考えるとそこだけ別世界のようだ。

本能寺の碑は、今日訪ねた中で一番大きく立派な供養塔で、隣には本能寺の変で亡くなった家臣達の合祀墓も建てられている。ここ本能寺は、信長公のゆかりの地としては、一番有名な場所ということもあってか、手を合わせる人々が入れ替わり訪れていた。

宝物館に入ると、そこには信長公のさまざなゆかりの品が展示されていた。

信長公の最後の時を一緒に過ごし残った品々・・・。人はいずれこの世からいなくなってしまうけれど、こうした品物はその歴史を抱えながら残っていく。何百年もの時を経て、私達になにかを語りかけているのだろうか・・・。

~本能寺~
天正10年(1582)6月2日早暁、世に言う本能寺の変により堂塔を焼失する。その後、信長の子信孝によって遺骨が集められ墓所として復興された。豊臣秀吉公による区画整理によって、現在のこの地に移転。

宝物館には、本能寺の変前夜に公家や町衆を招き催された茶会に用いられた「霰釜」や同じく本能寺の変前夜に突然鳴き出し異変を知らせたと言われる「三足蛙の香炉」をはじめ、数々の信長公の遺品が残っている。口ひげのない信長公の画像があることでも有名。
    <宝物館>
  • 住所:中京区寺町御池下ル  市役所前
  • TEL:075-253-0525
  • 入館時間:10:00~16:00
  • 入館料:一般500円  中・高校生300円
  •         
  • 小学生250円  修学旅行生200円

※このページの掲載情報は、歴史上の事実とは異なる場合がございますので、ご了承下さい。
参考としてご覧頂きますようお願い申し上げます。