幕末の京都

幕末の史跡を訪ねて

高瀬川沿いの木屋町・河原町界隈は飲食店やお洒落なSHOPが立ち並ぶ京都一の繁華街。

賑やかなビルの谷間に、ひっそりと石碑が立っているのをご存知ですか?
坂本龍馬、桂小五郎、中岡慎太郎ら幕末の志士の寓居跡、長州や土佐の藩邸跡、そして龍馬暗殺や新選組の池田屋事件など、血なまぐさい事件の舞台を示す碑もあります。
又、最近立てられた凛々しい顔立ちの桂小五郎や土佐四天王の銅像もあります。

人々の笑顔が行き交う街角に、ひっそりと息づく幕末の魂。 ほんの100年余り前までは、この界隈が歴史の舞台だったのです。買い物の合間にでも街角の石碑や銅像にに目を留めて、幕末のロマンを追ってみませんか?

 


おすすめコース~高瀬川・河原町編~
map 阪急河原町駅
↓(徒歩3分)
中岡慎太郎寓居の地
↓(徒歩3分)
坂本龍馬・中岡慎太郎 遭難の地
↓(徒歩10分)
長州藩邸跡・桂小五郎像
↓(徒歩5分)
木戸孝允旧跡・石長旅館
↓(徒歩3分)
高瀬川一之舟入
↓(徒歩1分)
佐久間象山・ 大村益次郎遭難の地
↓(徒歩2分)
桂小五郎幾松寓居跡
↓(徒歩3分)
大村益次郎寓居の跡
↓(徒歩1分)
武市瑞山寓居の跡
↓(徒歩1分)
吉村寅太郎寓居の地
↓(徒歩2分)
三条大橋
↓(徒歩2分)
小川亭跡
↓(徒歩5分)
池田屋騒動跡
↓(徒歩3分)
酢屋・坂本龍馬海援隊屯所跡
↓(徒歩2分)
土佐稲荷神社
↓(徒歩1分)
土佐四天王像
↓(徒歩1分)
土佐藩邸跡
↓(徒歩2分)
本間精一郎遭難の地碑
↓(徒歩1分)
古高俊太郎邸跡
↓(徒歩3分)
阪急河原町駅


中岡慎太郎寓居の地(なかおかしんたろうぐうきょのち) 地碑
中岡慎太郎寓居の地碑
四条河原町から北に約3分歩くと「中岡慎太郎寓居の地」という石碑が建っている。ここが土佐の陸援隊の隊長で坂本龍馬と共に暗殺された中岡慎太郎の京都での拠点だった。以前は菊屋という古本屋だったそうだ。
今は石碑が残るのみ。

石碑の後ろには「象」というあぶらとり紙のお店があり、
『龍馬と慎太郎(レギュラー30枚入¥335)』がおすすめ。

お店の前には「高瀬川史跡めぐり」という幕末史跡の地図(今回の特集もこのコースを参考に作成)が置いてあるので、もらっておくと参考になる。


坂本龍馬・中岡慎太郎遭難の地碑(さかもとりょうま・なかおかしんたろうそうなんのちひ) 遭難の地碑
坂本龍馬・中岡慎太郎
遭難の地碑
龍馬が下宿していた醤油商・近江屋のあった場所。慶応3年(1867)11月15日、ここの2階で中岡慎太郎と歓談中に刺客に襲われ、無念の最期を遂げた。刺客は見廻組とも新選組とも言われるが、詳細はいまだ謎のまま。

今は京阪交通社の前に石碑が残るのみで過去と現在のギャップが感じられる。
  • 住所:中京区河原町通蛸薬師下ル


長州藩邸跡・桂小五郎像・木戸孝允旧跡(ちょうしゅうはんていあと・かつらこごろうぞう・きどたかよしきゅうせき) 桂小五郎像
京都ホテル前の桂小五郎像
木戸孝允旧跡碑
石長松菊園前の「木戸孝允旧跡碑」 「旧跡」の字は隠れて見えない
河原町御池にそびえる京都ホテルの辺りは、かつて長州藩の藩邸があったところだ。ここに長州藩邸跡の石碑と桂小五郎像が建っている。桂は幕末、長州藩の京都における「外交官」だった。

端正な顔に似合わず、「禁門の変」で長州敗走後、乞食に変装して鴨河原に潜み、京都脱出の機会を待っていたという苦労人。その陰には恋人・幾松(後の松子夫人)の献身があった。

京都ホテルの北東にある旅館・石長松菊園門前には「木戸孝允旧跡」の石碑が建つ。ここで桂は終焉を迎えた。
    (長州藩邸跡)
  • 住所:河原町三条京都ホテル前
  • 見学随時
    (木戸孝允旧跡)
  • 住所:河原町通竹屋町東入石長松菊園前


高瀬川一之舟入(たかせがわいちのふないり) 高瀬舟の模型
高瀬川一之舟入の高瀬舟の模型
角倉了以邸跡
一之舟入付近には角倉了以邸があった
慶長19年、角倉了以が高瀬舟の船溜として作った掘割。現在は十五石積の復元された高瀬舟が係留され、当時を偲ぶことができる。

近くに角倉了以邸跡の石碑もある。

ここで池田屋事件の際に土佐の望月亀弥太が切腹したという。
  • 住所:木屋町御池上ル


佐久間象山・大村益次郎遭難の地 (さくましょうざん・おおむらますじろうそうなんのち) 遭難の地案内碑
三条小橋の遭難の地案内碑
*
大村益次郎遭難碑(向かって左)
佐久間象山遭難碑は顔入(右)
三条小橋のたもとの「佐久間象山先生・大村益次郎卿遭難の地・北へ約壱丁」と刻まれた、比較的大きな石碑を目にしたことのある方は多いのではないだろうか?しかし、遭難の地碑本体は結構大きいのだが、比較的目につきにくいところにあるので、見たことのある方は少ないかもしれない。

そもそもこの二人は何物や?佐久間象山は信濃出身の幕末の兵・洋学者で勝海舟や坂本龍馬にも影響を与え、開国論を唱え、1864年、攘夷派に暗殺された人物。大村益次郎は周防出身の兵学者で戊辰戦争の軍事指導、明治政府の兵部大輔としても活躍した人物だが、1869年、長州の刺客によって重傷を負い、2ヶ月後に死去した。

ふたりの幕末の兵学者は奇しくも木屋町御池付近に居を構え、時期は5年ほどずれるが、木屋町御池上ルの長州藩控え屋敷付近で暗殺された。軍事に命をかけたふたりの兵学者の寓居の地・遭難の地碑は高瀬川沿いに2つ並んでひっそりとただずんでいる。


武市瑞山寓居跡 (たけちずいざんぐうきょあと) 寓居の地碑
武市瑞山寓居の地碑
武市瑞山は龍馬・慎太郎と同じ土佐四天王の一人。

土佐勤皇党を結成し、公武合体派を退け、藩論を尊王攘夷に導いた。

京都での拠点には始めは土佐藩邸を利用していたが、密議を交わすため、木屋町姉小路に寓居することになった。ここで越後浪人・本間精一郎暗殺の密議も交わされた。誰が直接手を下すかを瑞山の家でくじ引きで決めたとも言われている。瑞山一派に暗殺された本間精一郎遭難の地碑は木屋町蛸薬師下ルに立っている。

瑞山は尊攘運動の衰退と共に弾圧され、最後は切腹を命じられ、非業の死を遂げている。
  • 住所:中京区木屋町姉小路下ル


吉村寅太郎寓居跡(よしむらとらたろうぐうきょあと)
吉村寅太郎は武市瑞山・龍馬・慎太郎と同じ土佐四天王の一人。

武市瑞山の土佐勤皇党に参加。京都では瑞山の家の2軒隣に寓居していた。後、天誅組を組織し、倒幕の兵を挙げたが、敗死した。
  • 住所:中京区木屋町姉小路下ル
寓居の地碑
吉村寅太郎寓居の地碑


三条大橋(さんじょうおおはし)
東海道五十三次の終点にある三条大橋。
禁門の変で負けた後、桂小五郎は乞食に変装し、三条大橋の下に潜みながら、京都脱出の機会を伺っていた。それを助けたのが恋人の幾松。三条大橋の上から握り飯を投げ、桂に食料を提供していた。

人の行き交う三条大橋で二人のロマンスを思った。
三条大橋
現在の三条大橋。ここの上から幾松が桂小五郎に握り飯を投げた!?


小川亭跡(おがわていあと)
旅館・小川亭の2人の後家は出入りする勤王の志士たちを助け「勤王婆さん」として有名だった。離れが鴨川に面していたので逃げやすく、勤王の志士達の会合に利用された。

有名ところでは、桂小五郎らも出入りしたという。明治になり、志士たちの銅像を故郷に作ることになった時、その顔の検分役として小川亭の後家達が呼び出されたほど、結びつきは密接だった。
  • 住所:縄手通り三条下る西側・京阪三条駅を東へ出てすぐ
小川邸跡
勤皇ばあさんの経営する小川邸には大勢の志士達が集まった。


池田屋騒動跡(いけだやそうどうあと)
三条河原町東入ル明治屋の横に「維新史跡・池田屋騒動跡」の石碑が建っている。

1864年、祗園祭りの宵々山の日、京都市中放火を企てていた尊皇攘夷派の長州・土佐の志士が三条小橋の旅館・池田屋で新選組に襲撃された。
この事件によって新選組はその名を天下に轟かせた。

多くの死傷者を出し、血が流れた旅館の跡地だが、今はひっそりと石碑が残るのみ・・・。
  • 住所:中京区三条河原町東入ル
池田屋騒動の石碑
自販機の横にひっそりと立つ池田屋騒動の石碑


酢屋・坂本龍馬海援隊屯所跡 (すや・さかもとりょうまかいえんたいとんしょあと)
坂本龍馬が近江屋で遭難する直前まで身を寄せ海援隊京都本部が置かれていた酢屋嘉兵衛 宅。入り口に「坂本龍馬寓居の跡」の石碑が立っている。町屋風の作りで1階は木工芸のお店。

2階のギャラリー龍馬では遭難の日11/15から約1週間、龍馬の遺品が公開されて いる。去年は龍馬愛用の弁当箱煙草箱・龍馬暗殺の記述がある「海援隊日記」が展示されていた。

龍馬は酢屋2階の出格子から高瀬川目掛けてピストルの試し撃ちをしていたという・・・。

酢屋の前の通りは「龍馬通」と名づけられ、今なお、京都の人々に親しまれている。
  • TEL:075-211-7700
  • ギャラリー入館時間:12:00~18:00
  • 定休日:月曜日
  • ギャラリー入館料:500円
  • アクセス:市バス河原町三条バス停より徒歩5分
「龍馬追悼展」
「龍馬追悼展」開催時の酢屋入り口
酢屋
龍馬寓居の地碑が立つ酢屋


土佐藩邸跡・土佐稲荷神社 (とさはんていあと・とさいなりじんじゃ)
木屋町蛸薬師界隈は土佐藩関係の史跡が集中している。

蛸薬師通河原町と木屋町の中ほどにある岬神社は元は土佐藩邸の中にあり、坂本龍馬ら土佐藩の志士たちもよく参拝したことから、「土佐稲荷神社」とも呼ばれ、赤いのぼりがはためいている。中には小さい龍馬像・肖像画もある。

木屋町にかかる蛸薬師橋のたもとには「土佐藩邸跡」の石碑が建っている。この一帯に山内氏の土佐藩邸があり、龍馬をはじめ、土佐四天王達もさかんに出入りしていた。
  • 土佐稲荷神社:木屋町蛸薬師西入ル
  • 土佐藩邸跡:木屋町蛸薬師・元立誠小学校前
土佐稲荷神社
龍馬も参拝した土佐稲荷神社
土佐藩邸跡碑
高瀬川沿いの土佐藩邸跡碑


古高俊太郎邸跡 (ふるたかしゅんたろうていあと)
みそ汁で有名な「しる幸」の前に「勤皇志士・古高俊太郎邸跡」の石碑が建っている。古高は長州藩士で、新選組に捕らえられ、土方歳三による逆さ吊りの拷問を受け、尊王攘夷派の京都放火計画を自白させられた。

これがきっかけになって池田屋事件が起こり、長州・土佐などの志士多数が死傷した。

数々の藩邸が軒を連ね、暗殺事件も頻発した木屋町・河原町界隈・・・。都会の喧騒の中にひっそりと建つ石碑に幕末の激動の歴史を感じた。
  • 住所:下京区木屋町四条上ル西入ル南側
古高俊太郎邸跡碑
しる幸前の古高俊太郎邸跡碑

※このページの掲載情報は、歴史上の事実とは異なる場合がございますので、ご了承下さい。
参考としてご覧頂きますようお願い申し上げます。