菅原道真

七条~御所 北野~吉祥院 その他の史蹟 人名辞典 年表 系図
菅原道真の足跡を訪ねて

東風吹かば にほひをこせよ梅の花

  主なしとて 春を忘るな

道真をめぐる旅はいよいよ北野天満宮へ。 門前には北野名物の食事処や甘味処が軒を連ねる。天神信仰の本拠地を堪能した後は少し足を伸ばして道真の腰掛石が伝わる仁和寺と胞衣塚と硯水の碑の残る吉祥院天満宮へ。少しマニアックな道真巡りはまだまだ続く・・・。
*
おすすめコース~北野~御室~吉祥院~
烏丸今出川バス停
↓(市バス203・51/10分)
北野天満宮前バス停
↓(徒歩2分)
北野天満宮
↓(徒歩7分)
京福北野白梅町
↓(京福電車10分)
京福御室駅 ↓(徒歩5分)
仁和寺
↓(徒歩3分)
御室仁和寺バス停
↓(市バス26/15分)
四条烏丸バス停
↓(市バス43/15分)
吉祥院天満宮前バス停
↓(徒歩2分)
吉祥院天満宮
↓(徒歩10分)
JR西大路駅


北野天満宮(きたのてんまんぐう) ~道真を祀る~ 五輪塔
参道の東向観音寺には
道真の母を祀る巨大な五輪塔が!

楼門
楼門の左側には道真の歌が

おみくじ
おみくじ処。道真の歌が
書かれたおみくじは1回¥100-。
鳥居をくぐってすぐ左手に「東向観音寺」が。境内には道真の母・伴氏を祀る3mはある巨大な五輪塔がある!もともと参道の伴氏社の辺りにあったが、明治維新の神仏分離時に移されたという。その大きさには度肝を抜かれる!! 

北野天満宮は菅原道真が大宰府で死んでから、落雷などの天災が相次ぎ、その祟りを恐れて、約50年後に今の地に創建された。現在の社殿は1607年に豊臣秀頼が造営させたもの。父・秀吉の北野大茶会の碑やその際に使われた太閤井も参道に残る。参道の東には道真の好んだ右近の馬場(かつては桜の名所だったが今はない)西側には御土居の跡(秀吉が作らせた洛中と洛外を区分するための土塁)も残っているので、お見逃しなく!

参道の突き当たりにある大きな楼門。左側には季節に応じて道真の和歌や漢詩の一節が掲示されているのでお見逃しなく。ちなみに今回は有名な「東風吹かば匂い起こせよ梅の花」の歌だった。

楼門を入って右手にある宝物館は普段は25日の天神さんの日のみの開館です。300円の入館料を払うとボランティアガイドの方が説明して下さいます。館内は『北野天満宮縁起』、『北野曼荼羅図』、『日本書紀』『北野大茶湯図』、太刀など、貴重な資料がいっぱいでとても見応えがあります。

境内でひときわ目を引くのが「おみくじを引く所」と大きな文字で書かれたテント。この下に金属製のみくじ筒が10本以上は置いてあります。出てきた番号を社務所に報告しておみくじ(1回100円)をいただくのだが、道真の漢詩の一節を読み解くという変わったものだ。
  • 住所:上京区馬喰町
  • 拝観時間:日中随時
  • 拝観料:境内無料・宝物殿300円(毎月25日・4/10~5/末開館)
  • 北野天満宮のホームページ


仁和寺(にんなじ) ~道真腰掛石~ 菅公腰掛石の碑
菅公腰掛石の碑

道真腰掛石
水掛地蔵の下にある石が
道真腰掛石と言われている
北野白梅町から京福電車で御室へ。遅咲きの御室桜が咲き誇る仁和寺の境内に「菅公腰掛石」があるというのだ。

広い境内は背の低い御室桜で埋め尽くされていて、案内板を見ても道真の腰掛石の場所はわからない。受付の方に聞いてみると、「あちらの屋根の下の水掛地蔵さんの下にあるのが菅公の腰掛石です。道真公は大宰府に流される途中仁和寺に立ち寄り、宇多上皇に冤罪を訴えるためそこの石に座って待っていましたが、上皇に会うことはできませんでした。」とのこと。宇多上皇は出家後、仁和寺に住んだことから山上に御陵がある。

水掛地蔵は御影堂の東側にひっそりと鎮座していた。かなり小ぶりの石造。長いひしゃくで水を掛けると願いが1つ叶うという。お地蔵さんが乗っているの自然石が菅公腰掛石。道真はここに座って上皇を待ちながら、何を考えていたのだろう?
  • 住所:右京区御室大内
  • 拝観時間:9:00~16:30
  • 拝観料:境内無料(桜の時期は300円)・御殿500円


北菅大臣神社(きたかんだいじんじんじゃ) ~道真の父を祀る~ 菅家邸跡碑
菅家邸跡碑から
北菅大臣神社を臨む
北菅大臣神社
住宅に挟まれた北菅大臣神社。
道真の父を祀る
菅大臣神社の北門から出ると『菅家邸址』の石碑が鳥居の横と道を挟んだ向かいの民家の脇に建っている。民家脇の石碑の下には小さい字で「紅梅殿」とも書いてある。民家脇の道を30mほど北に行くと、民家に挟まれて鳥居と小さな社殿がある。額には「紅梅殿」とある。ここが道真の父是善(これよし)を祀る北菅大臣神社。

この辺りに菅原家の私塾「菅家廊下」や道真の書斎「山陰亭」があり、後、紅梅殿と呼ばれるようになったという。道真が有名な「東風吹かば、匂い起こせよ梅の花・・・。」が詠まれたのもこの辺り。

重要な場所であるにも関わらず、北菅大臣神社には境内がなく民家に囲まれてついつい見逃してしまいそう。必ず菅大臣神社の北門から出て菅家邸址の石碑と北菅大臣神社もお見逃しなく。



  • 住所:下京区仏光寺通新町西入菅大臣町
  • 拝観自由


吉祥院天満宮(きっしょういんてんまんぐう) ~菅公硯之水の碑~ 胞衣塚
境内にある胞衣塚
菅公硯之水の碑
菅公硯之水の碑
御室仁和寺から市バス26号系統に乗り、四条烏丸で43系統に乗り換え、吉祥院天満宮前で下車。徒歩2分で菅原氏の別荘があったという吉祥院天満宮に着く。道真の祖父、清公が遣唐使の一員として海を渡った時、吉祥天女に祈ったところ荒れた海が静かになったということで、帰国後吉祥天女を祭ったのが始まりとされている。道真もここで法事を行っており、菅原家とは縁の深い神社だ。

取材時は桜の季節で、鳥居をくぐると花吹雪と満開の枝垂桜に迎えられた。桜の下には「天満宮降誕之地」の石碑が。この地で道真が生まれた(実際は菅大臣神社の辺りか)というのは伝説に過ぎないと思うが境内には道真のへその緒を埋めたと伝わる胞衣塚(えなづか)がある。お宮参りの際に胞衣塚内の小石が授与され、お喰い初めの時に赤ちゃんの口に添えると丈夫な歯が生えるという。

境内奥には道真が書に使用した泉の跡と伝わる「菅公硯之水」の石碑が建っている。隣に湧く竹筒から出てくる水は清く、書の達人でもあった道真を偲ぶことができる。


その他の史蹟
史蹟 説明 住所
水火天満宮 菅原道真の怨霊が火雷となって大雨を降らせた伝説にちなみ、水難火難除けの神として信仰されている。 堀川鞍馬口下ル
一夜天神堂 真が大宰府に左遷される途中、壬生の親戚の家に立ち寄り、一夜の名残を惜しんだという伝説がある。江戸時代に壬生寺の支院の託願上人の夢枕に道真が立って自分を壬生の地に祀るように告げる。ご神体は託願上人作と伝わる一夜天神像だが非公開。 壬生梛ノ宮町
壬生寺境内
長岡天満宮 道真が大宰府に左遷される途中に立ち寄り、名残を惜しんだ地と言われ、後に祠を建てて祀ったのが始まり。霧島ツツジの名所でもあり、ゴールデンウィーク頃が見頃。 長岡京市天神
錦天満宮 「錦の天神さん」と観光客にも親しまれている。からくり人形が運ぶユニークなおみくじは必見! 新京極通
錦小路東側
火除天満宮 戦乱を避けて京都に来た大宰府の神官が、六条に道真の像を祭ったのが始め。後、織田信長親子の菩提を弔うため烏丸御池近辺に建てられた大雲院の鎮守社となり、さらに移転に伴い現在の寺町四条に移った。 寺町四条下ル


※このページの掲載情報は、歴史上の事実とは異なる場合がございますので、ご了承下さい。
参考としてご覧頂きますようお願い申し上げます。