京都の紅葉の名所を巡る

東福寺、泉涌寺、東山のもみじを堪能
京都が一番美しい季節の鮮やかな風情を満喫できます。

  • 1.紅葉に覆われる東福寺や永観堂は京都観光のハイライト
  • 2.清水寺では紅葉の海を境内から眺めてみましょう
  • 3.南禅寺や天授庵では庭園や建物と紅葉との調和、これこそが京都の紅葉の楽しみ方です
JR「京都」駅から
JR奈良線で「東福寺」
京阪「祇園四条」から
京阪本線で「東福寺」

徒歩10分
東福寺 徒歩40分

市バス207「清水道」
徒歩10分
清水寺 徒歩40分

市バス100「東天王町」
徒歩5分
天授庵
南禅寺

徒歩5分
永観堂

東福寺
東福寺 臨済宗東福寺派の大本山。奈良の東大寺に規模を、興福寺の教行になぞらえて「東」と「福」の字を取り東福寺とされました。1236(嘉禎2)年から19年の歳月をかけてに「東福寺の伽藍面」と呼ばれるほどの京都最大の七堂伽藍を完成させ、京都五山の一つとまでいわれ壮観を極めました。度重なる兵火・失火で大部分を焼失しましたが、鎌倉・室町時代からの重要な古建築に伍して、再建された現代木造建築物も精粋を遺憾なく発揮しています。室町時代の禅僧の生活を知る上で貴重な建築が残り、絹本着色無準師範像(国宝)など5000点を超える文化財を所蔵しています。
  • 拝観:境内は通年(12/29~1/3以外)無休無料で拝観可
  • 国宝:絹本着色無準師範像、龍吟庵方丈
  • 拝観料:境内は無料、
    通天橋・開山堂2箇所400円、
    方丈八相庭園拝観料400円、
    塔頭1箇所辺り300~400円
  • 住所:東山区本町15丁目778
  • アクセス:JR奈良線・京阪電車「東福寺」、
    市バス208「東福寺」より徒歩約10分
  • お問合せ:075-561-0087
  • 東福寺ホームページ

東福寺 東福寺 東福寺 東福寺 東福寺



清水寺
清水寺平安時代より、清水の観音として多くの人々が参拝しています。
参道を上りつめると、東山の音羽山を背に仁王門、西門、三重塔(いずれも重要文化財)等30近い堂塔伽藍が並んでいます。「清水の舞台」で知られる本堂(国宝)は寄せ棟造り、檜皮葺、寝殿造り風の優美な建築で、十一面千手観音立像を安置しています。
春の桜と新緑、秋の紅葉と四季折々の美しさを背景にした懸崖造りで断崖の上にせりだし、市街地の眺望も最高。舞台の下方に音羽の滝、谷を隔てて安産祈願の子安の塔(重文)があります。他に仁王門、馬駐、鐘楼、西門、三重塔、経堂、田村堂、轟門、朝倉堂、釈迦堂、阿弥陀堂、奥の院等重文指定の建造物がいらかを連ねます。
  • 建立:現本堂1633(寛永10)年再建。創建は798(延暦17)年
  • 拝観時間:6:00 ~17:30
  • 拝観料:300円
  • 住所:東山区清水
  • アクセス:市バス「清水道」「五条坂」徒歩10分 .
  • お問合せ:075-551-1234
  • 清水寺ホームページ

清水寺 清水寺 清水寺 清水寺 清水寺



南禅寺 天授庵
天授庵天授庵は南禅寺を開山した禅師を奉る塔で、南禅寺山内で最も由緒のある塔頭です。その本堂は、優雅な柿皮葺屋根を持つ建築です。
本堂には、開山大明国師の等身大木像を安置し、一角には天授庵の多大な復興に寄与された細川藤孝(幽斎)夫妻をはじめとする細川家歴代の位牌も奉られています。
この本堂からは、書院南側の庭園を眺めることができ、秋の紅葉時期には、部屋の窓がまるで額縁のように感じられます。この本堂の奥にある襖絵は、桃山時代の画壇の偉才「長谷川等伯(はせがわとうはく)」の筆であり、32面すべてが重要文化財に指定されています(非公開)。
本堂庭園は枯山水で、正面から本堂に続く幾何学的な石畳を中心に、周囲に数個の石と白砂、それに緑苔を配置したものです。その石畳の中で、正面から本堂に続く石畳は暦応4年の創建当時のものと言われています。
また、書院の南側の庭園は、鎌倉末期から南北朝時代の特徴を持っています。中央の池に大小の出島を造ることによって東西に池を区切っている点、大小の出島で池の輪郭に多くの変化を持たしている点や、二つの池の間になだらかな斜面の堤を設けるなどの点は、天授庵創建当時に作庭されたものです。
  • 拝観時間:9:00~17:00(冬期は16:30まで)
  • 拝観料金:300円
  • 住所:左京区南禅寺福地町
  • アクセス:地下鉄 『蹴上駅』から徒歩7分

天授庵 天授庵 天授庵 天授庵 天授庵



南禅寺
南禅寺 京都市左京区南禅寺福地町にある、臨済宗南禅寺派大本山の寺院である。山号は瑞龍山、寺号は詳しくは太平興国南禅禅寺(たいへいこうこくなんぜんぜんじ)である。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は亀山法皇、開山(初代住職)は無関普門(大明国師)。日本最初の勅願禅寺であり、京都五山および鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院で、日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもつ。
  • 拝観:12月1日~2月28日 午前8時40分~午後4時30分
    3月3日~11月30日 午前8時40分~午後5時
  • 拝観料:方丈庭園・一般500円/高校生400円/小中学生300円
    三門・一般500円/高校生400円/小中学生300円
    南禅院・一般300円/高校生250円/小中学生150円
  • 住所:左京区南禅寺福地町
  • アクセス:地下鉄東西線「蹴上」徒歩10分・市バス「東天王町」「南禅寺・永観堂道」徒歩10分
  • お問合せ:075-771-0365
  • 南禅寺ホームページ

南禅寺 南禅寺 南禅寺 南禅寺 南禅寺



永観堂
永観堂京都市左京区永観堂町にある浄土宗西山禅林寺派総本山の寺院。一般には通称の永観堂(えいかんどう)の名で知られる。山号を聖衆来迎山(しょうじゅらいごうさん)、院号を無量寿院と称する。本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は、空海の高弟の真紹僧都である。当寺は紅葉の名所として知られ、古くより「秋はもみじの永観堂」といわれる。また、京都に3箇所あった勧学院(学問研究所)の一つでもあり、古くから学問(論義)が盛んである。
  • 拝観時間:午前9時~午後5時(受付は午後4時で終了)
  • 拝観料:一般600円/小・中・高生400円
  • 住所:左京区永観堂町
  • アクセス:市バス5「南禅寺永観堂道」徒歩3分・市バス100「東天王町」徒歩8分
  • 永観堂ホームページ

永観堂 永観堂 永観堂 永観堂 永観堂



主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

近辺の飲食店はこちら