京都の紅葉の名所を巡る

大原三千院から勝林院・寂光院めぐり
もみじの王道コース
美しい名庭と山里の景色を満喫

  • 1.紅葉に覆われる東福寺や永観堂は京都観光のハイライト
  • 2.清水寺では紅葉の海を境内から眺めてみましょう
  • 3.南禅寺や天授庵では庭園や建物と紅葉との調和、これこそが京都の紅葉の楽しみ方です
京都駅から
京都バス17「大原」

徒歩10分
三千院
徒歩
実光院
徒歩
勝林院
徒歩
宝泉院
徒歩
寂光院

京都バス「大原」
JR京都駅


三千院(さんぜんいん)
三千院三千院は古くは東坂本に里坊がありましたが、大原魚山の来迎院、勝林院、往生極楽院などの寺々を管理するために大原に政所を設けたのが前身で、明治になって三千院と公称されました。
妙法院、青蓮院、曼殊院、毘沙門堂とともに天台宗五箇室門跡のひとつです。
三千院には春の石楠花、初夏の紫陽花、秋の紅葉、冬の積雪がよく似合います。
  • 拝観:12月~2月 8:30~16:30(閉門16:30)
    3月~11月 8:30~17:00(閉門17:30)
  • 拝観料:一般:700円/ 中学生:400円/ 小学生:150円
  • お問合せ:075-744-2531
  • アクセス:京都バス洛北・大原方面行き「大原」 徒歩10分
  • 駐車場:なし(近隣に多数駐車場あり)
  • 三千院ホームページ

三千院 三千院 三千院 三千院 三千院



実光院(じっこういん)
実光院 日本音楽の源流といわれる声明の発祥地、来迎院と並ぶ勝林院部の寺で、宝泉院とともに創建された。
庭園は、東側が、池泉観賞式の庭園で、江戸時代後期の作庭。律川から導いた滝の水が流れ落ち、池の手前を俗世間、向こう側を仏の浄土に見立てて作られています。
また、西側一体は旧理覚院の庭園で、こちらは回遊式の庭園で、荒廃していたものを現在のご住職が、作庭されたものです。
西の金毘羅山や小塩山を借景に取り入れ、東の庭とは違ったおもむきです。
庭には、11月頃に満開になり、春にもまた咲くという不断桜がしっかりと根を下ろしています。
  • 拝観時間:午前9時から午後8時
  • 拝観料:500円(呈茶付)
  • 住所:左京区大原勝林院町187
  • アクセス:京都バス「大原」徒歩約10分
  • お問合せ:075-744-2537

実光院 実光院 実光院 実光院 実光院



勝林院(しょうりんいん)
勝林院寂源法師が長和2年(1013)に開かれた日本音楽の源である天台声明発祥の寺である。
梵鐘(無銘)は藤原時代からのもので重要文化財になっている。

  • 拝観時間:午前9時から午後5時
  • 拝観料金:大人200円 小中学生100円
  • 住所:左京区大原勝林院町1187
  • アクセス:京都バス「大原」徒歩約10分
  • お問合せ:075-744-2531

勝林院 勝林院 勝林院 勝林院 勝林院



宝泉院(ほうせんいん)
宝泉院 三千院の参道の奥の突き当たりに勝林院(大原寺)本堂があります。この本堂こそが天台宗の仏教が栄えた大原の中心的道場です。この宝泉院はその中の僧坊として古く800年前よりあったお寺です。山門より入っていただくと目の前にこのお寺のシンボルである樹齢700 年の五葉の松があります。額縁の庭園は客殿の柱、鴨居を額縁に見立て、客殿の中から絵画を眺めるように楽しむ庭園です。美しい「額縁の庭園」に癒され、水琴窟の音に耳を傾けてみませんか。
  • 拝観:午前9時~午後5時(ライトアップなどイベント時は異る)
  • 拝観料:大人800円/ 中・高700円/ 小 600円(茶菓付)
  • 住所:左京区大原勝林院町187
  • アクセス:京都バス「大原」徒歩約10分
  • お問合せ:075-744-2409
  • 宝泉院ホームページ

宝泉院 宝泉院 宝泉院



寂光院(じゃっこういん)
寂光院天台宗の尼寺で、聖徳太子が御父用明天皇の菩提を弔うために建立された。
本堂前西側の庭園は、平家物語当時のままで、心字池、千年の姫小松、苔むした石、汀の桜などがある。

また本堂手前右側にある大きな南蛮鉄の雪見燈籠は、太閤豊臣秀吉の寄進で桃山城にあったものを移された。

  • 拝観時間:午前9時~午後5時(冬期拝観時間変更)
  • 拝観料:大人600円/高校生600円/中学生350円/小学生100円
  • 住所:左京区大原草生町676
  • アクセス:京都バス「大原」徒歩15分
  • 寂光院ホームページ

寂光院 寂光院 寂光院 寂光院 寂光院



主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。