梅宮大社 なんじゃもんじゃ

たくさんの種類の花が季節ごとに咲く梅宮大社。
杜若やつつじ、睡蓮が咲き、アジサイもほんの少し咲きだしました。

今日のお勧めは「なんじゃもんじゃ」。
大きな木に小さな白い花がたくさん咲いて、まるで雪が積もっているように見えます。

この変わった名前は、木の名前がわからないので「なんじゃもんじゃ」と呼ばれていたそうです。
これは「何じょう物じゃ(なんというものか)」という意味だそうです。「なんじゃもんじゃ」とは木の種類にかかわらず、その地方に珍しい、正体不明の立派な木を指して言うそうです。
一般的には「一葉たご」が多いようです。見ごろの期間は短いようですよ(*^^)v

 

コメントを残す