東福寺本坊庭園 さつき

東福寺本坊庭園は東西南北に四庭が配され、「八相成道」に因んで「八相の庭」と呼ばれています。
作庭家・重森三玲によって昭和十四年(1939年)に造られました。

四庭にはそれぞれ特徴があります。
東庭は「北斗七星」を表していて、円柱、白川砂、苔、背後の二重生垣で表現。
南庭は蓬莱、瀛洲、壺梁、方丈の四神仙島を6mほどの長い石を、立石とのバランスをとりながら横に寝かせて表現。また築山にも、苔山を京都五山として表現。
西庭は大市松模様「井田の庭」を伝統的な市松模様を、サツキの刈込と葛石の使用によって表現。
北庭は小市松模様の庭園で、東北方向の谷に消えていくという表現。

とてもきれいなお庭で、拝観客もお庭を見ながらずっと座っていたりする癒されるお庭ですね。
通天橋も見え、青葉が美しく万緑の景色も楽しめます。
このところのお天気続きで、苔が茶色になっているのがちょっと残念でしたが、さつきは今なので来てよかったと思っています(*^^)v

 

コメントを残す