天龍寺 半夏生

今日は雑節の半夏生です。
梅雨の末期で、半夏(烏柄杓<カラスビシャク>)という毒草が生える多湿で不順な頃とされています。
農家の人達はこの日までに田植えを済ませるという習慣がありました。

同じ名前の半夏生は、半夏生の頃に花が咲くからとする説と、葉の一部を残して白く変化する様子から「半化粧」と呼ばれたのが「半夏生」になったとする説などがあります。
天龍寺にも半夏生が咲いています。あまり知られていないかもしれませんが、結構たくさんの半夏生があります。
今の色づきは一面、真っ白とは行かなかったですが・・・
他にも、桔梗・蓮・木槿・梔子が咲いています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)