祇園祭 神幸祭

祇園祭の山鉾巡行の後はメインの神幸祭。
17日夕方、三座の神輿と大勢の輿丁が八坂神社石段下で出発の儀を行います。
三座の神輿が差し上げを行い、それぞれ別のルートで四条寺町の御旅所を目指します。
残念ながら、午後からずっと大雨で、そのままの神輿渡御になってしまいました。
輿丁の方もずぶぬれでした(>_<)
観客も輿丁も少なかったですね。
ビショビショに濡れてとても寒そうでした。

山鉾巡行は神輿渡御(17日夜神幸祭)に先立って、都大路の清祓をするものです。
山鉾は本来、疫病等の災厄をもたらす疫神を鎮めるため、依り代として鉾や山を作り、町中を回ったそうです。鉦や笛、太鼓で囃すのは、荒ぶる疫神(怨霊)を鎮めるためのものだとか。

コメントを残す