下鴨神社 夏越神事

8月7日18時半より、下鴨神社において夏越神事(矢取神事)が行われました。
多くのところでは6月30日に夏越神事が行われますが、下鴨神社は立秋の前夜に行われます。

御手洗池に斎竹を立てて清め、中央に斎矢を立て、奉納された人形が舞う中、裸になった氏子男子が一斉に飛び込み矢を奪い合う勇壮な神事です。
これは、下鴨神社の御祭神玉依媛命が川遊びをしていると一本の矢が流れ着き、持ち帰ったところ懐妊し、賀茂別雷神を生んだという故事にちなんだ行事だそうです。
男衆が飛び込んだと思ったら終わってしまうので、写真を撮るには一苦労です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)