五山の送り火 鳥居形

8月16日、京都の夏の夜に浮かび上がる五山の送り火。
お盆に帰ってきた先祖の魂(精霊。「おしょらいさん」)を各家で供養した後、再びあの世に送り出すという意味があります。
広沢池の遍照寺灯籠流しと一緒に見える鳥居形を見に行きました。

暗くなった19時ごろから灯籠が流され始め、鳥居形に点灯される20時20分ごろには広沢の池にたくさんの灯籠がきれいに広がって浮かんでいます。そして、鳥居形に点火されると歓声とともにシャッター音がします。この時のために何時間も前から場所を温めているカメラマン達が大勢います。
夕方、雨が降ったりしましたが、灯籠流しが始まるころからは止んで、今年も無事に送り火が終わりました。
五山の送り火が終わると盛夏も終わる京都となることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)