高台寺・圓徳院 秋の夜間特別拝観

京都の秋の特別拝観が始まっています。
先日は高台寺と圓徳院の秋の夜間特別拝観に行ってきました。

高台寺は秀吉の妻、北の政所ねねが創建したお寺です。
10月24日は国連デーで、国連創立70周年を記念して、高台寺の庫裏も国連シンボルカラーの青色に染まっていました。
ライトアップは「百鬼夜行」のプロジェクションマッピングで彩られていました。
秋の特別展は「琳派と祝言」で、琳派400年を記念して打掛などの着物が展示されています。
紅葉も始まってきた高台寺、見どころ満載です(*^^*)
秋の特別展と秋の夜間特別拝観は12月13日(日)まで開催されています。

北政所ねね終焉の地、圓徳院では静かな空間が楽しめます。
白砂の線引きがされている南庭と、まもなく真っ赤な紅葉が見られる北庭では心静かに時を過ごせるかもしれません。
唐門前には石蕗(つわぶき)が可憐な黄色い花を付けています。

コメントを残す