城南宮 曲水の宴

昨日11月3日、城南宮では紅葉が色づき始めた庭園で曲水の宴が行われました。
曲水の宴は毎年4月29日と11月3日に平安の庭で催される雅やかな行事です。

秋はつわぶきが咲く小川のそば行われ、狩衣や小袿の平安貴族の装束を身につけた歌人が、鴛鴦(おしどり)の姿をかたどった「羽觴」(うしょう)の背に朱塗りの盃をのせて小川に流します。
琴の音が響く中、歌人はその日の題にちなんで和歌を詠み、短冊にしたためます。そして、目の前に流れ来る羽觴を取り上げ、盃のお酒をいただくという王朝貴族の風流な歌会です。
宴の間には白拍子の舞も披露され、さながら平安の絵巻を見るようです。

秋晴れのお天気の中で、たくさんの人が訪れて、雅な宴が厳かに行われました。

コメントを残す