西院春日神社 若菜節句祭

一月七日は七草の日、七草の祝い、若菜の節(せち)と言います。
セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベ、ホトケノザ、スズナ〈かぶ〉、スズシロ〈大根〉の入った御粥を、お正月に食べ過ぎ、飲みすぎた胃腸をやさしくいたわるためにいただきます。

西院春日神社では若菜節句祭が執り行われました。
若菜を供えた本殿で神事が行われ、1年の無病息災と五穀豊穣が祈願されます。
古札焼納祭も行われ、古い絵馬や破魔矢などが燃やされます。
その後、若菜がゆ(七草粥)の接待が行われました。
この日に白馬を見ると健康に暮らせるという言い伝えにちなみ、「白馬 (あおうま) 飾り」も一般に公開されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)