京都三大祭の一つ葵祭が昨日行われました。 5月16日

鮮やかな新緑の下、良いお天気にも恵まれた葵祭でした。
6月下旬並みの気温で、皆さんにはとても暑かったかと思いますが・・・
今年は日曜日ということもあり、たくさんの見物客に見守られての華麗な王朝絵巻でした。

葵祭は下鴨・上賀茂神社の例祭で正式には「賀茂祭」といい、平安貴族の姿で総勢500名以上の風雅な行列が御所から下鴨神社を経て、上賀茂神社へ向かいます。
冠や衣装にはフタバアオイを付けて、牛車や牛馬にいたるまで、すべて葵の葉で飾ります。このことから葵祭と呼ばれるようになったようです。
毎年、斎王代が誰に決まるのかにも注目されるお祭りです。

コメントを残す