上賀茂神社では重陽神事と烏相撲が行われました 9月9日

9月9日は「九」という陽の数が重なることから重陽と言います。
昔、中国では奇数を陽の数とし、陽の極である9が重なる9月9日は大変めでたい日とされ、菊の香りを移した菊酒を飲んだりして邪気を払い長命を願うという風習がありました。それが平安時代の初めに日本に伝わり、宮中では観菊の宴が催されました。そのため菊の節句、菊の宴とも言われています。

上賀茂神社では本殿で重陽神事が執り行われ、その後、烏相撲が行われました。
白い装束を着た氏子が「カーカーカー」「コーコー」と烏の鳴き声で受け答えをするユーモラスな儀式が行われ、今年の斎王代が見守る中、子供達による相撲が取られました。
菊の節句ということもあり上賀茂神社でも菊酒の無料接待もありました。

上賀茂神社
北区上賀茂本山町
http://www.kamigamojinja.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)