三嶋神社で鰻放生大祭が行われました 10月26日

東山区の瀧尾神社内、三嶋神社祈願所で鰻放生大祭が行われました。
三嶋神社の本宮は東山区東大路通東入上馬町3丁目ですが、鰻放生大祭は東山区本町11丁目の瀧尾神社の祈願所で行われます。

三嶋神社はうなぎを神様のお使いとして祀っている神社です。
鰻放生大祭は三嶋神社の「三」が3匹のうなぎを表していることから、境内の神池に放生され、うなぎ業者の商売繁盛を願います。
全国のうなぎ屋さん・養殖業者等が参加されます。

うなぎには安産・子宝・子授けにご利益があるそうで、三嶋神社の絵馬やお札にはうなぎが描かれています。
平安時代末期、後白河天皇の皇后である平滋子建春門院が子宝に恵まれないので、摂津国(現:大阪府高槻市)の三嶋大明神に参拝に訪れます。
数日後、夢の中で、「あなたに男児が授かるでしょう。その代わり、私を京の巽(南東)の方角にまつりなさい。」と告げました。
お告げ通り子を授かり、高倉天皇を出産し、喜んだ後白河天皇は社殿を永暦元(1160)年に平重盛公に命じ、三嶋大明神をおまつりした社殿を造営しました。
この事から、子授けや安産のご利益があるそうです。

三嶋神社
東山区東大路通東入上馬町3丁目

三嶋神社祈願所
東山区本町11丁目718番地瀧尾神社境内

コメントを残す