法住寺で身代不動尊大祭が執り行われました 11月15日

法住寺では、家内安全、商売繁盛、心願成就、諸願成就を祈る採燈大護摩供(さいとうおおごまく)が執り行われました。
篠笛、琴の奉納の後、後白河天皇陵にお稚児さん、天狗、赤鬼、青鬼、黒鬼、修験宗、僧侶の行列にて参拝されます。
その後、天狗より諸願成就を祈るお加持をいただき、山伏問答、法弓、鬼法楽が行われます。
鬼法楽では、三毒(貪り、瞋り、愚痴)を表す赤鬼、青鬼、黒鬼が護摩壇を踊り狂うように歩きまわります。
そして、採燈大護摩供が行われ、1万本近くの護摩木が護摩壇に投じられます。

法住寺
東山区三十三間堂廻り655

後白河法皇御所聖跡 天台宗 法住寺 ー トップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)