須賀神社の節分祭は縁結びの神にちなんで、烏帽子水干姿の懸想文売りが縁結びの文を授与します 2月2日

須賀神社の節分祭は、もちろん豆撒きも行われますが、有名なのは懸想文売りです。
懸想文(けそうぶみ)とは、今で言う「ラブレター」です。
江戸時代に勝手向きが苦しいことで恋文の代筆業を生業とするものが現れ、古文や和歌などの素養がちりばめられた「懸想文」が年頃の娘達に支持を得たようです。
この「懸想文」を人知れず鏡台や箪笥の中に入れておけば 顔かたちが美しくなり、着物の数が増え、良縁に恵まれるという。
烏帽子に水干姿で覆面をし、懸想文を結んだ梅の枝をかついだ懸想文売りが、節分の間中なら須賀神社で会うことができます。
縁結びの懸想文は1000円ですが、美しくなり、良縁に恵まれ、衣装持ちになれるならいいですね(*^^)v
明日3日まで売られています。

須賀神社
左京区聖護院円頓美町1

コメントを残す