大原の古知谷阿弥陀寺では九輪草 (クリンソウ)が見ごろを迎えています 5月30日

三千院よりも奥に位置する古知谷阿弥陀寺は紅葉が美しいお寺で、天然記念物の樹齢800年以上の楓も参道南側にあります。
この時期は、九輪草というサクラソウ科の多年草が咲いています。九輪草は、輪生する花がお寺の五重塔などの頂上にある柱の飾り「九輪」のようなのでこの名になったそうです。
花が段々に輪生(りんせい)し、 茎を伸ばしながら下から次々と咲いていきます。
楚々とした美しさが、静かなお寺に似合っています。

古知谷阿弥陀寺
左京区大原古知平町83

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)