両足院の半夏生が色づいてきました 6月16日

半夏生が有名な建仁寺塔頭両足院で、「半夏生の庭園と茶室特別公開」が6月10日より始まりました。
今日はまだ一番上の葉が白くなったばかりです。
半夏生は葉っぱの先から白いペンキを塗ったように白くなってきます。そして、花が咲き終わって夏の盛りのころにはまた緑の葉っぱに戻るという不思議な植物です。
毎年この時期だけ公開される両足院のお庭をみるために今年もたくさんの人が訪れていました。
最近は有名になり、観光バスでも来られるので一緒になるといっぱいになってしまいます。
この時期しか見られない半夏生のお庭はぜひご覧ください。

建仁寺塔頭両足院
東山区大和大路通四条下る4丁目小松町591
https://ryosokuin.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)