京都の夏の夜に五山の送り火が浮かび上がりました 8月16日

五山の送り火は8月16日のお盆に行われる伝統行事で、京都を囲む5つの山にそれぞれ「大文字」「左大文字」「船形」「鳥居形」「妙法」の形に火をともします。
お盆に帰って来られた先祖の魂(精霊「おしょらいさん」)を各家で供養した後、再びあの世に送り出すという意味があります。
大文字の送り火は護摩木に自分の名前と病名を書いて火床の割木の上に載せて焚くと、その病が癒るという信仰があり、また消炭を持ち帰って粉末にして服すると、持病が癒るとも言われています。

送り火が見える場所は、明るいうちからたくさんの人が訪れていました。
今年は一番に点火される大文字を見に行ってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)