大石内蔵助が大願成就を祈ったとされる法住寺では義士会法要が行われました。12月14日

赤穂浪士討ち入りがあった12月14日に法住寺では義士会法要が行われます。
山科の大石神社の山科義士まつりがよく知られます。
大石内蔵助が討ち入りを悟られない為に島原へ赴くようになり、その山科と島原の間にあるのが法住寺で、その道中に「不動明王」に討ち入りの成功を祈願していたと言われているそうです。
島原・菊川太夫よる太夫道中奉納が華やかに行われ、身代り不動明王ご宝前で四十七義士追善の法要法要後、祇園・舞妓による献茶式がおこなわれます。
拝観料には討ち入りそば・お茶席も含まれています。
寒くて小雨の降る中、太夫道中にはたくさんの方が来られていました。

法住寺
http://hojyuji.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)