醍醐寺では五大力さん(五大力尊仁王会)が行われました 2月23日

春を呼ぶ奉納餅あげともいわれる醍醐寺の五大力さんが、春らしいお天気のもと行われました。
女性は90kg、男性は150kgの大鏡餅をを抱え上げ、その時間を競うとともに、無病息災、身体堅固を祈ります。

「五大力尊」は、「不動明王」(中央)、「大威徳明王」(西方)、「軍荼利明王」(南方)、「降三世明王」(東方)、「金剛夜叉明王」(北方)の五大明王の総称です。この仏様を信仰すれば、昼夜をとわず影が形に従うが如く寄りそって、その人の御身を守り、家を護り、あらゆる災難を払い除け、その身は無事息災、一家は安泰隆昌になるようなご加護があるそうです。
当日に限り、災難除身代わり霊符「五大力さん御影」が授与されます。

醍醐寺
https://www.daigoji.or.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)