千本釈迦堂(大報恩寺 )のおかめ桜もきれいに咲いています

千本釈迦堂は「おかめ(阿亀)塚」伝説のお寺としても知られます。
千本釈迦堂を建てる時、大工の棟梁が四本ある柱のうち一本を誤って柱を短く切り、困っているときに妻のおかめが、枡組で補えば良いと助言をしました。そして、夫の失敗を救ったのが女性であるということを人に知られないように、自ら命を絶ったというのです。
この話は受け継がれ、江戸時代に三条の大工、池永勘兵衛が本堂の脇に「おかめ供養塔」本堂の前に立てられました。
おかめ桜は「阿亀」の像の正面に咲いています。

千本釈迦堂
http://www.daihoonji.com/

コメントを残す