山科の琵琶湖疎水では、桜と菜の花の間をびわ湖疏水船が運航しています

桜は散り始めてきた山科の琵琶湖疏水沿い。
住民の方が植えたという菜の花が、両岸400メートルにわたり黄色い花を咲かせています。
桜と菜の花の間を、この春から本格的に運航が始まったびわ湖疎水船が通ります。
船の中から見上げる景色もきれいでしょうね!

 

コメントを残す