花園の法金剛院は紫陽花、花菖蒲、梔子、沙羅双樹とたくさんの花が見ごろです。京都写真館

JR花園駅近くの関西花の寺第十三番霊場「法金剛院」
表門を入ると、梔子の甘い香りが漂ってきます。今ちょうど一重の梔子が見ごろです。
さらに、中門の前には沙羅双樹の木があります。咲いている花と落ちた花、「一日花」と呼ばれる可憐ではかない花です。

蓮の寺としても知られていて、蓮の葉もずいぶん大きくなっていました。
鉢植えの蓮は咲いているものも少しありました。
今の見ごろは紫陽花。白、水色、青、紫、ピンクなど色とりどりで形も本あじさいを始めガクアジサイ、カシワバアジサイなど。
花菖蒲も池の周りに咲いています。
桔梗も咲き始めました。まもなく池の蓮も咲きだすことでしょう。
静かなお寺で、緑と花の中で過ごすひと時に癒されました。

法金剛院
右京区花園扇野町49

コメントを残す