6月30日は夏越大祓、残る半年の無病息災を祈願する神事が執り行われます。詳しくは京都写真館へ

夏越の大祓は、1年の折り返しにあたる6月30日、あるいは少し前に各地の神社で、残る半年の無病息災を祈願する神事です。
神社によって作法は異なりますが、基本的には大きな茅の輪を三回廻って、穢れを祓い清めるというものです。
紙の人形(ひとがた)に息を吹きかけたり、それで身体を撫でることで穢れを人形に移した後、水に流したり、焼納するところもあります。
また、この日に和菓子「水無月」を食べる風習もあります。
小豆をのせた三角形の外郎(ういろう)です。その形は氷を表し、小豆は疫病の悪魔祓いの意が込められています。

写真は護王神社の茅の輪です。
早くから飾られていたためか、茅は茶色くなっていますが、乾いた茅のよい香りがしました。
何人もの方が茅の輪をくぐっておられました。

護王神社
http://www.gooujinja.or.jp/

コメントを残す