8月16日は五山の送り火が夜空に浮かび上がりました。京都写真館

京都の夏の伝統行事、五山の送り火。
この五山の送り火には、お盆に帰って来られた先祖の魂(精霊「おしょらいさん」)を各家で供養した後、再びあの世に送り出すという意味があります。
東山如意ケ嶽の「大文字」、金閣寺附近の大北山(大文字山)の「左大文字」、松ケ崎西山(万灯籠山)と東山(大黒天山)の「妙法」、西賀茂船山の「船形」上嵯峨仙翁寺山(万灯籠山・曼荼羅山)の「鳥居形」があり、8時から時間差で火が点いていきます。
今年は左大文字を見ました。8時15分に大の字に火が点火されました。西大路通りにはたくさんの人が交差点から眺めていました。
これでお盆も終わりましたね。