洛東の穴場の桜~哲学の道

洛東の穴場と哲学の道攻略コース

穴場スポットを巡りながら、哲学の道へ。
ぶらり哲学の道を散策し、沿道近くの寺社を巡る。

*画像をクリックすると大きくなります。

電車
JR京都駅から市バス100「岡崎道」

歩く
徒歩10分

金戒光明寺

浄土宗本山のひとつで、通称「黒谷さん」と呼ばれ親しまれる。
山門前に堂々したソメイヨシノが咲き立つ。境内東側にある桜並木も美しい。
桜の穴場として近年は人気がある。

金戒光明寺 金戒光明寺 金戒光明寺



歩く
徒歩5分

真如堂

紅葉が有名な真如堂だが、桜の木は70本もある。
ほとんどがソメイヨシノだが、本堂横の「縦皮さくら」は白く小ぶりで清楚な花を咲かせる。
 三重塔の横にあるしだれ桜も、塔を背景にして見上げると圧巻。
鐘楼のまわりには八重桜が送れて花をつける。

真如堂 真如堂 真如堂



歩く
徒歩5分

宗忠神社

黒住教の祖、黒住宗忠がまつられる。
境内に続く石段に桜がおおいかぶさるように咲く様は圧巻。
少し遅れて咲く御室桜も咲く、穴場スポット。

宗忠神社 宗忠神社 宗忠神社

  • 左京区吉田下大路町
  • 075-771-2700


歩く
徒歩15分

哲学の道

大文字山の麓を疏水に沿って、若王子橋から銀閣寺橋へと続く約1.5kmの散策路。
哲学者・西田幾多郎が、思索にふけりながら歩いたことからこの名が付けられたという。
疏水の両岸に約450本の関雪桜で花のトンネル、川面に散り流れる花ビラもひとしおの風情がある。
桜の路を散策しながら、大豊神社、法然院や安楽寺・熊野若王子神社へも寄り道を。

哲学の道 哲学の道 哲学の道