京都三条通界隈

京都の新しい観光名所 三条通
京都話題のニュースポット、三条通。

江戸から京へと続く「東海道五十三次」の終点三条大橋。
古くは豊臣秀吉の命により大改修が行われ、その後も旅人にとっては欠かせない要路でした。
江戸から京まで、また京から江戸まで約490kmもの道のりを徒歩で旅をする。
その旅人のゴールであり、スタートでした。

ここ数年、流行のオシャレなお店や京都独特のものを扱うお店が次々とオープンし、若い方から年配の方まで年齢を問わず楽しめる通りとなっている「三条通」。

今日から数日かけてその三条通を西から三条大橋に向けて、ぶらっと散歩してみることにします。

三条名店街商店街のホームページはこちら
三条大橋
江戸時代の三条大橋


今日は五月晴れのいい天気です。
スタートは三条通の烏丸通西からです。

まず目に付く一風変わった建物。
何やらいい香りが。
っと思ったら中国茶や韓国茶が味わえるアジアンテイストなお店でした。
店内はゆったりと座れ、リラックスできました。


素夢子 古茶屋(そむし こちゃや)
TEL 075-253-1456
三条通 素夢子
三条通 素夢子

三条通 文椿ビルヂング
三条通 文椿ビルヂング外観
そのすぐ隣りの角に建つ「文椿ビルヂング」。 ここにはインテリアショップや和雑貨のお店、ご飯やさんなどいろんなお店が入っています。
ひととおり見て回るだけでも楽しめました。

1F入ってすぐにある「えいたろう屋」は男のきものの専門店です。
入り口左のマネキンはビシッと着物を着込んでいるのに顔にはひょっとこのお面が。
つられて小さな橋を渡ると、渋いテイストの男のきものや小物がずらり。
着倒れの京でも男のきものの専門店は意外に少ないのです。
木綿なら生地代込みで2万円台から仕立てられる。
三条通り えいたろ屋
男のきもの
三条通り えいたろ屋
小物もたくさん
大正時代の洋風建築が大人っぽい。粋な空間に変身した"文春ビルヂング"。元は「木骨コンクリート」という珍しい工法で建てられた1920年築のオフィスビルだった。

さて、烏丸通にでました。 交差点角のスターバックスはいつも一杯です。

烏丸通を渡り、そのまま北に30mほどのところに「新風館」があります。
ここは中が吹き抜けになっていて中央の広場にはライブステージもあり、いろいろなイベントが行われています。タイミングがよければ有名人に出会えるかも。
天気のいいお昼時には新風館のお店でテイクアウトしたり、お弁当を持ってきたりして青空の下、ベンチに座ってお昼休憩してる人が多いです。

三条通 スターバックス
三条通 スターバックス
三条通 新風館外観
三条通 新風館外観
三条通 新風館
三条通 新風館
吹き抜けの中庭

三条通 平和
三条通 平和
少し三条通を外れたので元来た道を戻り、三条通をさらに東へ。

右側に見える建物、「平和」というご飯屋さんです。
何でもおいしいですが、特に中華料理がおすすめです。

この建物、モダンな感じがしますが、もともと築50年以上の古い建物でした。

平和三条店
TEL : 075-231-2473



さて、正面に大きくて古風な建物が見えてきました。
皆さん、何だと思われますか。

実は京都中京郵便局なんです。
レンガ造りの概観は明治時代に作られたもので、京都に残る近代建築の一つです。
三条通 中京郵便局
三条通 中京郵便局

三条通 ひゃくてんまんてん
意外な組み合わせだけど
かなりいける

カレー・ラーメンと看板に2種類書いてある。
カレーなの?ラーメンなの?

答えは両方。

「カレーとラーメンが一緒で何が悪い」と営業されています。
しかし、これがまた流行っています。
まぁ、単純に両方おいしいからでしょうね。

ひゃくてんまんてん
TEL 075-213-2292


ひゃくてんまんてんの隣に不思議な雰囲気の漂うお店「ギャラリー桃源洞」があります。

ここは数々の骨董品が展示されていました。
見る人が見れば震えるようなお宝!?がありそうです。

まるで映画「ラストエンペラー」を連想させるような店内にはカフェもあり、ちょっと一休みしながら鑑賞できます。
三条通 桃源洞
三条通 桃源洞
三条通 桃源洞 三条通 桃源洞
三条通 桃源洞 数々のお宝がずらり

三条通 京都文化博物館
三条通 京都文化博物館
歴史的建造物です
こちらは「京都文化博物館」です。
この建物も京都の代表的な近代建築の一つです。
散歩当日は『人体の不思議展』が開催されていました。
これって意外な人気があり、どこで展示されてもたくさん人が来るそうですね。

先日、文化博物館別館が改装されオープンしました。
和の小物やお茶のお店があったり、ミニコンサートも行われています。
三条通 文化博物館別館
別館入り口

文化博物館の道を挟んだ隣のビル「Duce Mixビルヂング」はモノヅクリをコンセプトに 気になるお店が入っています。

1Fの京都デザインハウスでは雑貨や食器などが美しく並べられていて楽しめました。
こういったお店を見るのが好きな人って結構多いですよね。
三条通 Ducemixビルヂング
三条通 Ducemixビルヂング
三条通 京都デザインハウス
京都デザインハウス(075-221-0200)
三条通 京都デザインハウス
三条通 京都デザインハウス 店内
4Fには雑貨とギャラリーのショップで、様々なアーティストの作品が紹介されている「Duce mix」がありました。
モノヅクリの好きな方の作品の発表、販売の場としても使えます。

たまたま自分が気に入って購入したアーティストが後々大ブレイク!ということもあるかもしれませんね。
三条通 Duce mix
Duce mix(075-211-9076)
三条通 Duce mix
三条通 Duce mix 店内

ここで、京都文化博物館とDuce Mixビルヂングの間の高倉通りを南へ下がります。
「千切屋」という風格ある佇まいの呉服屋さんとは対照的に、その南隣に新しいビルが建っていました。

京都の職人の技によって生み出された和雑貨や工芸品が、現代生活に取り入れやすいかたちで紹介されています。
WAZA GU(075-223-5353)
三条通 WAZA GU
三条通 WAZA GU
三条通 WAZA GU 店内 三条通 WAZA GU 店内
三条通 WAZA GU 店内
三条通 WAZA GU 店内
千年の都に伝わる「技」が支える「用」と「美」。

他のフロアーには、ギャラリーやカルチャー教室として使える会議室に、茶室もありました。
三条通 WAZA GU 三条通 WAZA GU

再び高倉通りを北上し三条通りへ戻ると、Duce Mixビルヂングの隣に「長谷川松寿堂」さんがあります。
ここは日本古来の色紙や短冊など和紙工芸品を扱っている老舗の卸問屋です。

残念ながら小売はされていないのですが、三条通の有名店の一つです。
三条通り 長谷川松寿堂
三条通 長谷川松寿堂

三条通り 長谷川松寿堂 絵葉書
絵葉書がショーウィンドーに
少し東に行った向かい側にウインドーに絵葉書が貼ってあるお店が。
ちょっと写真がわかりにくいんですが(素人なもので…)、いろんなタッチで書かれた絵葉書がたくさんありました。

何でもメールで済ましてしまう今、旅先から絵葉書なんてどうですか?