京都・下鴨・上賀茂神社周辺のお勧めコース

下鴨神社~上賀茂神社・大田神社
■京都のおすすめ飲食店はこちら■

京都らしくゆっくり時間が流れる散策路

1,葵祭りの舞台、下鴨・上加茂神社は必見
2,地元の人にも大人気の花見スポット、半木の道・植物園
3,和菓子やスイーツなどの買い食いポイントも多し
半木のみち
半木の道から賀茂川を望む
半木の道桜
紅枝垂れ桜
ゆっくり回って5時間のコースをご案内

JR京都駅から市バス4・205系統で30分
下鴨神社前下車

市バス四条河原町から4・205系統で20分
下鴨神社前下車
市バス亭下鴨神社前    
↓ 徒歩5分
下鴨神社        
↓ 徒歩30分
半木の道         
↓ 徒歩10分
京都府立植物園       
↓ 徒歩30分
上賀茂神社          
↓ 徒歩10分
大田神社          
↓ 徒歩10分
市バス亭上賀茂神社前        
JR京都駅まで市バス4系統で50分
市バス四条河原町まで  
市バス4・46系統で40分

青龍会 下鴨神社(賀茂御祖神社)(しもがもじんじゃ かもみおやじんじゃ)

世界遺産。
京都いや日本屈指の古社。毎年5月15日に行われる葵祭りはここの例祭として世界でも有名
53棟もある社殿は糺す(ただす)の森とあわせて世界遺産に登録されています。

半木の道(なからぎのみち)

地元の人にも大人気の散策路、桜の季節は大変な賑わいを見せますが普段は静かなところです。

賀茂川にそって京都府立植物園まで(北大路橋~北山大橋)の散策路。春は紅枝垂れ桜が咲き誇り桜のトンネルが出来る道からの賀茂川の眺めもよくさわやかな洛北の風景を味わえます
半木の道

京都府立植物園 京都府立植物園(きょうとふりつしょくぶつえん)

園内の南半分には、正門付近の1年草を中心とした四季の草花が鑑賞できる正門花壇と観覧温室及びバラを中心とした造形花壇、噴水や滝のある沈床花壇よりなる洋風庭園などの人工的な造形美で構成されています。中でもキソウテンガイやバオバブなど世界の熱帯植物を身近に観賞できる観覧温室は、面積、植栽植物の種類ともに日本最大級の温室です。これに対し、園の北半分には、園内唯一の自然林である半木(なからぎ)の森や日本各地の山野に自生する植物をできるだけ自然に近い状態で植栽した植物生態園、およびその周辺には、わが国の風土に育まれ、古くから栽培されてきた桜、梅、花菖蒲などの園芸植物や竹笹、針葉樹などを植栽した日本の森として、より自然的な景観を形づくっています。また、北西部には宿根草・有用植物園があります。

上賀茂神社(賀茂別雷神社)(かみがもじんじゃ)(かもわけいかづちじんじゃ)

世界遺産
京都最古の神社。約60棟もの社殿が建ち並ぶ。
京都三大祭り葵祭りの行列の終着地
上賀茂神社

大田神社 カキツバタ

大田神社(おおたじんじゃ)

境内の大田の沢にはカキツバタの野生群落(天然記念物)があり、藤原俊成の歌にもよまれ、すでに平安時代には有名であった。
500メートルほど西に鎮座している上賀茂神社の摂社で、延喜式にも名を連ねる古社です。社殿は、本殿、拝殿ともに1628年(寛永5年)の造営によるもので、特に拝殿は割拝殿という古い形式のものです。古くから、寿命長久の守護神として、また、縁結び、芸能上達の神として信仰を集めてきました。