京野菜特集

京野菜特集


京野菜とは 京野菜リスト 伝統野菜 ブランド京野菜 新・京野菜 その他の京野菜


■京野菜とは
京野菜の歴史
千年の都としての長い歴史の中、海から遠かった京都盆地では、海産物の入手が困難な事から新鮮な野菜作りが求められ、洛外における地元栽培が行われるようになりました。
そして、朝廷や寺社への献上品として国内各地や大陸から高品質な野菜の種や高い技術等が集まり、品種改良が進んでいったのです。
また京の都は、夏は暑く冬は「京の底冷え」と言われる程寒くて、昼夜の温度差も大きく、豊かな地下水と肥沃な土質に恵まれていた事が、野菜作りに向いていたようです。
その好環境と技術、工夫に努力を重ねてきた農家の人々によって、一般の品種よりも栄養価が高く、風味の良い京野菜の伝統が、現在も受け継がれています。


京の伝統野菜とは
京都府により1987年から認定を始め、現在41種類があります。
    [京の伝統野菜の定義]
  • 明治以前の導入の歴史を有する。
  • 京都市内のみでなく、府内で生産されている。
  • 竹の子を含む。
  • きのこ、シダ類(ぜんまい、わらび等)を除く。
  • 栽培または保存されているもの、及び絶滅した品目を含む。
認定品種の中には、伝統野菜に準じるものや、絶滅したものも含みます。


ブランド京野菜(京のブランド産品)とは

1989年から行政、流通団体、農協等が認定を始め、現在21品目あります。
京都府の外郭団体・社団法人京のふるさと産品価格流通安定協会(京のふるさと産品協会)が認証し、「京マーク」が貼付されて流通しています。

ブランド産品マーク認定品目
[ブランド京野菜の条件]
京都らしいイメージがあり、京都府内の農林水産物の中から特に品質が優れているもの。
市場流通可能な一定の出荷量と品質を満たしているもの。



市民権を得る!?「新・京野菜」
京都のご当地ものとして、京都検定並に!?人気が高い京野菜。
地元で生産したものを地元で消費できるよう、京都市が進める京の旬野菜推進事業の中で、青菜の不足する夏場に食べられる「京唐菜」ができたり、小振りながらも、一般品種よりも風味や栄養価が高い「京あかね」が誕生したり、今も昔も消費者の希望と生産者の研究・努力の中で生まれ、また受け継がれてけてきたのが京野菜と言えるでしょう。
■京野菜を食べる
旬の京野菜提供店とは
京都府内にあり、京の伝統野菜等の京野菜を使用した料理を自店で調理し、提供するお店(料理のジャンルは不問)です。
申請のあった料理店の中から、(社)京のふるさと産品協会が審査の上で認定しています。
    [旬の京野菜提供店の認定要件]
  • 協会が指定する旬の京野菜を常時使用し、それらを使用する料理を常時提供すること
  • 上記京野菜について、市場、その他産地直送又は自家栽培による確実な仕入れルートを有すること
  • 京野菜のイメージアップを図ることができること
  • 業種別の生活衛生同業組合等に加入し、食品衛生の向上に努めていること