初夏の風物詩 ホタルの名所


宵闇に浮かぶホタルの光。
京都は3本の川と豊かな地下水が昔からホタルを育んできました。
近年は減少したホタルを保護するために、
地元の方々の保護活動により救われている地域もあります。
マナーを守り、風情豊かな姿を見守りましょう。


種類と名前の由来
日本には約45種のホタルが生息しています。「源氏螢」、「平家螢」と呼んだりしますが、源平戦に勝った「源氏」の方が体が大きめ。
名前の由来には諸説ありますが、平安末期に源平争乱に敗れた平家一門の亡骸の上を、慌しく点滅する小さな螢とゆっくり点滅する大きな螢が宙を舞っていたという言い伝えがあるとか...。

見える時間帯と時期
だいたい20時頃から。食事は早めに済ませましょう。 場所にもよりますが、5月上旬~7月中旬。梅雨が明けるまでがベストチャンスです。

たくさん見るための条件
こればかりは、運次第ですが、夕立が降った日は、螢がたくさん飛ぶそうです。そのため、雨が降らない日は、近所の飲食店が川の周りに水をまくとか...(笑)。
煙草の、点いたり消えたりする灯に誘われて近づいて来る事も(か弱い生き物なので採らないでね。ポイ捨ても×)。

ホタル観賞のマナー
  • 螢は絶対に捕らない!持ち帰らない!
    乱獲によって絶滅が心配されています。そして長くても7~10日の命。そっとしておいてあげてください...。
  • お静かに!
    周りが住宅地であったりします。また、螢は音にも敏感なのです。
  • 強い光りは控えて!
    懐中電灯、携帯画面、フラッシュ撮影、車等のライトは極力消しましょう。
  • 水周りを汚さない!
    螢は水の綺麗な所を好みます。螢の名所が京都の北の上流に集中するのはそのため。むやみに川等に入ったり、ゴミを散らかして帰っては、螢をいじめに来たようなもの。

ホタル観賞スポット
哲学の道 鴨川公園 嵯峨野 貴船 下鴨神社 松ヶ崎疏水
八瀬 宝ヶ池 白川巽橋 高尾 奥海印寺 萬福寺