鵜飼

鵜飼い


嵐山鵜飼

鵜飼は、風折烏帽子(かざおれえぼし)に腰みのの昔ながらの装いで手綱を引き、数羽の海鵜を飼いならして鮎などの川魚をとる伝統的な漁法で、その歴史は古く嵐山の鵜飼は千年の昔から行われていました。
在原業平の詠んだ「大堰川うかべる舟のかがり火にをぐらの山も名のみなりけり」の歌にもあるように、平安時代にはすでに行われていたことがわかります。
かがり火が川面に揺れる幽玄の世界を楽しんでみてはいかがですか?

渡月橋の上からよりもやはり川面から見る方が独特の風情があってお奨めです。
鵜匠の手につながれた6羽の鵜は、船子(かじこ)のかいの音に反応して身を翻し水面の上と下を行ったり来たり。
白く光るアユを次々と鵜匠の手に戻します。
今も昔も変わらぬ鵜匠の装束は、いにしえの貴族の風雅な趣そのもので、景勝地ならではの醍醐味です。


嵐山の鵜飼

  • 場所:嵐山・大堰川
  • 期間:7月1日~9月23日(8月16日は運休)
             大雨・増水・強風の場合は欠航

  • ≪乗合船≫ 出船時間
  • 19:00と20:00(7月1日~8月31日)
  • 18:30と19:30 (9月1日~9月23日)
  • 乗船時間1時間以内・食事持込不可
  • 大人/1,800円  子供(4歳~12歳)/900円
    浴衣着用の方に限り オリジナルあぶらとり紙を進呈

  • ≪貸切船(予約制)≫
  • 乗船時間2時間以内(予約制)・食事持込可
       10人乗り・・・40,000円
       16人乗り・・・52,000円
       20人乗り・・・70,000円
    嵐山の鵜飼


  • ≪宮 廷 鵜 飼≫
    源氏物語千年紀記念「平安王朝 復元宮廷鵜飼」
    出船時間
  • 20:00 (7月1日~8月31日)
    19:30 (9月1日~9月23日)
  • 乗船時間1時間以内・食事持込不可
  • 大人/2,100円  子供(4歳~12歳)/1,050円

    ≪食事付き鵜飼見物船(貸切)≫
  • 7月1日~9月23日
  • お一人様7,000円 (10名様以上で)
    お食事+船料金(鵜飼見物)


  • ≪おススメプラン≫
  • 嵐山通船株式会社はこちら

嵐山鵜飼レポート
嵐山鵜飼レポートはこちら↑





宇治鵜飼

宇治川に夕暮れが訪れる頃、夏の風物詩、鵜飼が始まります。
平安時代以降から宇治川や桂川の鵜飼が大変有名でしたが、今では世界的にも知られ、内外の観光客を集めています。
宇治川では鵜匠が客船の周囲を回りながら披露してくれます。そのため客船からも青い目や尖ったくちばしを持つ鵜の顔や魚を飲み込む時の1、2秒の早業も間近かに見られ、臨場感溢れる鵜飼を満喫する事が出来ます。二人の女性鵜匠を中心に、手綱さばきも鮮やかな匠の技が見られます。

宇治鵜飼

  • 場所:宇治川中の島付近一帯 乗船は喜撰橋畔
  • 期間:7月1日~9月30日
  • 時間:【7月1日~8月31日】
    受付18:00 乗船18:30 出船19:00 鵜飼終了20:00頃
        【9月1日~9月23日】
    受付17:30 乗船18:00 出船18:30 鵜飼終了19:30頃
  •  

    ≪乗合船≫
  •  大人2,000円 小学生 1,000 円(税込)

  • ≪貸切船(予約制)≫
    宇治川の鵜飼
  • 10人乗:27,500円(税込)
    15人乗:41,250円(税込)
    20人乗:55,000円(税込)

  • お問合せ: 宇治市観光協会 0774-23-3334
    宇治川観光通船 0774-21-2328
  • 宇治市観光協会ホームページはこちら

  • ※ 天候などによって中止されることがあります。
    お問い合わせの上、お出かけください。

宇治川鵜飼
宇治川鵜飼レポートはこちら↑