河骨

平安神宮・河骨

河骨は水中にある根茎が白く、ゴツゴツして骨のように見えるので河骨(かわほね)と書かれるようになり、
読み方は「かわほね」から「こうほね」に変化した睡蓮(すいれん)科の植物です。

平安神宮
平安神宮平安神宮の広大な池泉回遊式庭園は、南・西・中・東の4つの庭園から成ります。その広さは、30,000㎡で明治時代の代表的庭園として国の名勝にも指定されています。
春の紅枝垂桜は花は八重、咲色は紅で花笠のようです。
初夏はかきつばた・花菖蒲・すいれん、秋には萩と四季折々楽しめます。
西神苑の白虎池や中神苑の蒼龍池はほとりの花菖蒲の群生と水面の睡蓮を一緒に楽しめるスポット。河骨も咲きます。
  • 住所:京都市左京区岡崎天王町
  • アクセス:市バス5・32・46・100「京都会館美術館前」
  • お問合せ:075-761-0221
  • 時間:境内6:00~18:00 神苑8:30~17:30
  • 料金:境内無料、神苑600円
  • 平安神宮公式サイト
河骨

平安神宮・河骨 平安神宮・河骨 平安神宮・河骨 平安神宮・河骨 平安神宮・河骨



実光院

実光院実光院は勝林院(寂源が天台声明を伝承するために建立した寺)の子院である。
四季おりおり年中いろいろな草花が楽しめる。特に秋の紅葉の頃より春まで咲く不断桜は珍しい。

  • 住所:左京区大原勝林院町187
  • アクセス:市バス・京都バス「大原」徒歩約10分
  • お問合せ:075-744-2537
  • 時間:9:00~16:30
  • 料金:700円
河骨

実光院・河骨 実光院・河骨 実光院・河骨 実光院・河骨 実光院・河骨