京都カレンダー

10月の京都行事・イベント


各エリアボタンをクリックすると、その地域の行事のみ表示されます。

  • 洛北
  • 洛東
  • 洛中
  • 洛西
  • 洛南
  • 伏見・宇治
北野天満宮 ずいき祭

北野天満宮 ずいき祭2019年10月1日 (火)~10月5日 (土)

実りの秋にふさわしい豊穣を喜び感謝する祭です。大小2基の神輿の屋根はすべて「ずいき」(里芋の茎)。
ずいき神輿は祭期間中(1日~4日午前中)西ノ京の御旅所に展覧されます。
4日の巡行路は鳳輦の還幸路と異なるので注意を。

【場所】北野天満宮
【URL】北野天満宮公式サイト
【住所】上京区馬喰町
【アクセス】市バス50「北野天満宮前」
【TEL】075-461-0005

北野天満宮 ずいき祭 神幸祭 北野天満宮 ずいき祭 還幸祭 北野天満宮 ずいき祭 還幸祭 北野天満宮 ずいき祭 還幸祭 北野天満宮 ずいき祭 還幸祭
祇園甲部「温習会」

祇園甲部「温習会」2019年10月3日 (木)~10月8日 (火) 16:00 開演 

上方唄や長唄を井上流の舞で披露。“舞の一年”の総仕上げは、また熱い舞台となります。

【料金】指定席:8,500円 自由席:5,000円(税込)
【場所】京都府立文化芸術会館
【URL】祇園甲部歌舞会
【住所】京都市上京区寺町通広小路下ル東桜町1
【アクセス】「府立医大病院前」下車
【TEL】075-561-1115 祇園甲部歌舞会

御香宮 神幸祭(ごこうのみやしんこうさい)

御香宮 神幸祭2019年10月5日 (土)~10月13日 (日)

「伏見祭」といわれる洛南の大祭。
室町時代の風流傘の伝統を今に伝え「花傘祭」ともいわれています。花傘総参宮は10月12日、神輿巡幸は13日に行われます。

【場所】御香宮
【URL】御香宮公式サイト
【住所】伏見区御香宮門前町
【アクセス】近鉄京都線「桃山御陵前」、京阪電車「伏見桃山」、JR奈良線「桃山」
【TEL】075-611-0559

上七軒「寿会」

上七軒「寿会」2019年10月8日 (火)~10月13日 (日) 16:00~ (13日のみ2回公演 13:00~、16:00~)

上方唄や長唄など、伝統ある名曲を披露。味わい深さも好評です。

【料金】8,000円
【場所】上七軒歌舞練場
【URL】上七軒歌舞練場公式サイト
【住所】上京区今出川通七本松西入真盛町742
【アクセス】市バス50「北野天満宮前」
【TEL】075-461-0148

今宮神社 例祭

今宮神社 例祭2019年10月9日 (水) 10月8日19:30~・9日 10:00~

前夕神事(8日)では「御神楽」(人長舞)が庭燎の明かりの前で奉納されます。
大祭(9日)は舞人6人、楽人5人が「東遊」を優雅に奉納されます。

【料金】拝観自由
【場所】今宮神社
【URL】今宮神社公式サイト
【住所】北区紫野今宮町21
【アクセス】市バス「今宮神社前」すぐ
【TEL】075-491-0082

宮川町「みずゑ会」

宮川町「みずゑ会」2019年10月10日 (木)~10月13日 (日)

毎年古典から曲目を選び、その熟練の技で味付けされた舞は好評です。

【料金】一等席 8000円
【場所】宮川町歌舞練場
【URL】宮川町歌舞練場公式サイト
【住所】東山区川端団栗下宮川町
【アクセス】京阪電車「祇園四条」
【TEL】075-561-1151

安井金比羅宮 秋季金比羅大祭

安井金比羅宮 秋季金比羅大祭2019年10月10日 (木)~10月13日 (日) 10日 例祭11:00~

安井金毘羅の年中祭事のうち最も重要なお祭りです。
神幸祭では御祭神の御神霊が乗られた御鳳輦と宝船を模した花車が氏子町内を渡御します。
御鳳輦は出御から神幸祭までの間、本殿前の拝殿に飾られています。

例祭は10日11時から、神幸祭は13日11時から、14時30分からは御鳳輦・子供花車の渡御

【場所】安井金比羅宮
【URL】安井金比羅宮公式サイト
【アクセス】市バス「東山安井」徒歩約3分
【お問合せ】075-561-5127

般若林 町かどの芸能

般若林 町かどの芸能2019年10月11日 (金)~10月13日 (日) 11:00~16:00

玉すだれ、あほだら経、あやつり人形、けん玉など270年前の名人芸(大道芸)の数々で江戸時代にタイムスリップ。観客も買い物などをして、懐かしい江戸の1日が楽しめます

【料金】2,000円(大人)、1,000円(小学生)   ※前売券には買物札進呈
【場所】般若林(相国寺北門前)
【住所】相国寺北門前
【アクセス】地下鉄烏丸線「鞍馬口」
【TEL】演劇塾長田学舎 075-211-0138

伏見稲荷大社 講員大祭

伏見稲荷大社 講員大祭2019年10月12日 (土)・10月13日 (日) 13:00~

伏見稲荷大社の信仰団体の講務本庁の講員が、家内安全・生業繁栄を祈願するお祭で、全国の講員が参拝、境内では盛りだくさんの神賑行事が繰り広げられます。

【場所】伏見稲荷大社
【URL】伏見稲荷大社公式サイト
【住所】伏見区深草薮之内町
【アクセス】JR奈良線「稲荷」、京阪電車「伏見稲荷」
【TEL】075-641-7331

壬生寺 壬生狂言

壬生寺 壬生狂言2019年10月12日 (土)~10月14日 (月) 13:00~17:30

壬生狂言はわが国でも珍しい仏教無言劇。鉦や太鼓、笛の音に合わせてひなびた面をつけた人たちが演じます。13時から17時30分頃まで1日に5番ずつ上演されます。

【料金】800円
【場所】壬生寺
【URL】壬生寺公式サイト
【住所】中京区坊城仏光寺下ル
【アクセス】市バス26「壬生寺道」
【TEL】075-841-3381

粟田神社 粟田祭

粟田神社 粟田祭2019年10月12日 (土)~10月15日 (火)

「祇園祭」山鉾の原型といわれる剣鉾が18基。古いものは平安時代の末頃。剣鉾巡行、剣鉾差しも趣があり見事です。

  • 12日神賑行事と出御祭
  • 13日夜渡り神事(大燈呂巡行)
  • 14日(祝・月)神幸祭(剣鉾巡行と神輿渡御)
  • 15日(月)例大祭

【場所】粟田神社
【URL】粟田神社公式サイト
【住所】東山区粟田口鍛冶町
【アクセス】市バス5「神宮道」
【TEL】075-551-3154

西院春日神社 春日祭

西院春日神社 春日祭2019年10月12日 (土)・10月13日 (日)

奈良の春日大社から御神霊を迎え創建されてから受け継がれています。祭では江戸時代初期に製作された2基の神輿と5基の剣鉾が練り歩きます。西大路四条交差点の真ん中で剣鉾とお神輿が練り歩くのは壮観です。

【場所】西院春日神社
【URL】西院春日神社公式サイト
【住所】右京区西院春日町
【アクセス】市バス205「西大路四条」・阪急「西院」
【TEL】075-312-0474

西院春日神社春日祭 西院春日神社春日祭 西院春日神社春日祭 西院春日神社春日祭 西院春日神社春日祭
平岡八幡宮 例祭

平岡八幡宮 例祭2019年10月13日 (日)

子供達が青年と相撲を取り必ず勝ち名乗りを受けるという珍しい三役相撲や、少なくなった剣鉾差しが見られます。

【場所】平岡八幡宮
【住所】右京区梅ヶ畑宮ノ口町
【アクセス】JRバス「平岡八幡」
【TEL】075-871-2084

法住寺 今様歌合わせの会

法住寺 今様歌合わせの会2019年10月13日 (日) 15:00~

承安4(1174)年9月1日から15日間、毎夜法住寺殿において行われた「今様歌合わせ」がゆかりの地。舞人が即興で歌舞楽を演じるという古式豊かな催しです。

【料金】1000円
【場所】法住寺
【住所】東山区三十三間堂廻リ町
【アクセス】市バス206・208「博物館・三十三間堂前」
【TEL】075-561-4137

秋元神社 赦免地踊(しゃめんちおどり)

秋元神社 赦免地踊2019年10月13日 (日) 祭開始:19:00~

江戸時代に八瀬の地の永代地租免除の特典が守られたことを祝い、続けられている洛北の奇祭で無形文化財に指定されています。頭上に赤紙で作った透し彫りの切子型灯籠をのせた8人の女装した少年が、音頭取りの太鼓に合わせて静かに踊り、神社に奉納します。

【場所】秋元神社
【住所】左京区八瀬秋元町
【アクセス】京都バス17・18「ふるさと前」
【TEL】八瀬郷土文化保存会事務局 075-724-0255

大徳寺本坊 曝凉展

大徳寺本坊 曝凉展2019年10月13日 (日) 雨天中止 受付:9:00~15:00

ふだん非公開の本坊で絵・書などの虫干しが行われ、狩野探幽筆方丈襖絵など約100点におよぶ寺宝が公開されます。

【料金】1500円
【場所】大徳寺本坊
【住所】北区紫野大徳寺町
【アクセス】市バス206「大徳寺前」

宝鏡寺 人形供養

宝鏡寺 人形供養2019年10月14日 (月) 受付:10:00~10:30、供養祭は10:30~約1時間

この日に持ち込まれた人形を並べ、年に一度の総供養が行われます。また、島原太夫の奉納舞などもあります。

【場所】宝鏡寺
【URL】宝鏡寺公式サイト
【住所】上京区寺之内通堀川東入ル
【アクセス】市バス9「堀川寺ノ内」
【TEL】075-451-1550

先斗町「水明会」

先斗町「水明会」2019年10月17日 (木)~10月20日 (日) 16:00開演

先斗町ならではのそこはかとない「粋」と、熟練の「技」が披露されます。

【料金】指定席/8,000円、7,000円予定
【場所】先斗町歌舞練場
【URL】先斗町歌舞練場公式サイト
【住所】中京区先斗町通三条下ル
【アクセス】市バス205「河原町三条」
【TEL】075-221-2025

建勲神社 船岡大祭

建勲神社 船岡大祭2019年10月19日 (土) 11:00~

建勲神社は織田信長・信忠父子を祀ります。祭は永禄11年(1568)信長が入洛した日を記念する大祭で、仕舞や舞楽が奉納されます。

【場所】建勲神社
【URL】建勲神社公式サイト
【住所】北区紫野北舟岡町49
【アクセス】市バス206「建勲神社前」
【TEL】075-451-0170

京都ゑびす神社 二十日ゑびす大祭(ゑびす講)

京都ゑびす神社 二十日ゑびす大祭(ゑびす講)2019年10月19日 (土)・10月20日 (日) 8:30開門~

福笹や縁起物が授与されます。来年の絵馬や暦の授与もこの日から始まります。
境内では、竹細工や銀工芸など京都の匠たちによる実演販売も行われます。
福笹授与 (3,000円~)

【料金】福笹授与 3,000円~
【場所】京都ゑびす神社
【URL】京都ゑびす神社公式サイト
【住所】東山区大和大路通四条下ル小松町125
【アクセス】京阪電車「祇園四条」阪急電車「河原町」
【TEL】075-525-0005

野宮神社 斎宮行列

野宮神社 斎宮行列2019年10月20日 (日)

野宮神社で祭典が行われた後、正午より行列が渡月橋まで練り歩き、14時頃保津川で御禊の儀が行われます。催しは、伊勢神宮へ出立する際の、禊などの神事を再現。
野宮神社→渡月橋→嵐山船着場→御禊の儀

【場所】野宮神社
【URL】野宮神社公式サイト
【住所】右京区嵯峨野々宮町
【アクセス】市バス28「野々宮」
【TEL】075-871-1972

下鴨神社 繁昌大国秋祭

下鴨神社 繁昌大国秋祭2019年10月20日 (日)

五穀豊穣と商売繁盛を感謝する大国さまの秋祭り。祭典及び模擬店や福引き、舞楽の奉納など境内は終日賑わいます。

【場所】下鴨神社
【URL】下鴨神社公式サイト
【住所】左京区下鴨泉川町
【アクセス】市バス205「下鴨神社前」
【TEL】075-781-0010

えと祈願祭 えと祈願祭 えと祈願祭 えと祈願祭 えと祈願祭
上賀茂神社 笠懸神事(かさがけしんじ)

上賀茂神社 笠懸神事2019年10月20日 (日) 13:00~

笠懸は日本書紀にも登場する日本古来の弓馬術で、疾走する馬上から的をねらいます。馬上から約5メートル離れた40センチの四方の的を射る遠笠懸(とうかさがけ)と、地面低くに立てられた10数センチ四方の的を射る小笠懸(こかさがけ)とがあります。
女性射手の騎乗もあります。

当日は観覧席も設けられ、英語の解説もあります。

詳しくはこちら

【場所】上賀茂神社
【URL】上賀茂神社公式サイト
【住所】北区上賀茂本山
【アクセス】地下鉄「北大路」より市バス北3「御薗口町」
【TEL】075-781-0011

即成院 二十五菩薩お練り供養法会

即成院 二十五菩薩お練り供養法会2019年10月20日 (日) 13:00~

法会は菩薩が現世に降りてきて、衆生を安楽浄土へ導くという来迎思想を誰にでも分かりやすく表現しています。
お練りは、本堂を浄土とし、地蔵堂を現世に見立て、金襴の菩薩装束をつけた25名の稚児を含め総勢300名近くの信徒が、設けられた50メートルの橋をゆっくりと渡ります。

【料金】本堂 1,000円 境内無料
【場所】即成院
【URL】即成院公式サイト
【住所】東山区泉涌寺山内町
【アクセス】市バス208「泉涌寺道」
【TEL】075-561-3443

大将軍八神社 天門祭

大将軍八神社 天門祭2019年10月20日 (日) 10:00~

神幸祭では、大御輿、ずいき御輿等が巡行(13時頃)します。
前日には宵宮があり、妖怪仮装行列(18時30分~)や和太鼓演奏などが行われます。

【場所】大将軍八神社
【URL】大将軍八神社公式サイト
【住所】上京区一条通御前西入西町48
【アクセス】市バス「北野天満宮前」「北野白梅町」
【TEL】075-461-0694

城南宮 城南祭(餅祭り)

城南宮 城南祭(餅祭り)2019年10月20日 (日) 9:00~本殿にて祭典

正午過ぎより、それぞれ1.5トン近くある3基の神輿渡御が始まり、氏子区域を練り歩きます。
夕刻、提灯と松明の明かりの中、神社に神輿が還御する様子は壮観です。
古来、「餅祭り」とも呼ばれ、前日午後には、餅搗きの奉納があります。

【場所】城南宮
【URL】城南宮公式サイト
【住所】伏見区中島鳥羽離宮町7
【アクセス】地下鉄・近鉄「竹田」 市バス「城南宮東口」京阪バス「城南宮東口」R'EXバス「油小路城南宮」
【TEL】075-623-0846

鞍馬の火祭

鞍馬の火祭2019年10月22日 (火)

天慶(940年)の昔、京都御所より鞍馬の地に御遷宮の様子を火祭として後世に伝えられたものです。
18時、松明に次々と点火されます。若衆たちは5mもの松明を担ぎ、「サイレィ、サイリョ」の掛け声も勇ましく、火の粉を撒きながら神社へと向かい、一面は火の海、興奮の坩堝に!夜空を焦がす火の祭典は、午前0時に終了します。
この日、叡山電車が臨時運行(最終列車の延長)され、車は15時から通行止めになります。

  • 神事振れ~篝火点火
  • 松明の点火・お練り
  • 21時20分頃:注連切の儀
  • 21時30分頃:神輿渡御
  • 23時30分頃:神輿御旅所着御

【場所】由岐神社
【住所】左京区鞍馬本町
【アクセス】京阪電車「出町柳」より 叡山電鉄鞍馬線「鞍馬」
【TEL】075-741-4511(鞍馬の火祭テレフォンサービス 9月1日~10月末日)

伏見稲荷大社 抜穂祭

伏見稲荷大社 抜穂祭2019年10月25日 (金) 11:00~

豊かに稔った稲穂を刈り取るお祭りです。
神楽女により「稲穂舞」が舞われる中で行われます。
刈り取られた稲は、11月23日の新嘗祭に大神にお供えされ、稲藁は火焚祭に焚き上げられます。

【場所】伏見稲荷大社
【URL】伏見稲荷大社公式サイト
【住所】伏見区深草薮之内町68
【アクセス】JR「稲荷」京阪電車「伏見稲荷」
【TEL】075-641-7331

時代祭

時代祭2019年10月26日 (土) 雨天順延 御所出発 12:00~ ※2019年のみ10月26日開催

秋の都大路に繰り広げられる一大ページェント。
総延長2キロの行列は12時に御所を出発。丸太町通を西へ、烏丸通から御池通に至り、河原町通、三条通を経て、神宮道に入り、平安神宮へ到達します。
行列は“激動の幕末”から始まります。鼓笛を響かせ整然と行進する維新勤王隊列を先頭に、江戸、安土桃山、吉野、室町、鎌倉、藤原、延暦の各時代の人物が彩りを添えつつ華やかなパレードを繰り広げます。
「時代祭」は京都三大祭の一つです。総勢2000名(馬70頭、牛2頭、馬車、牛車なども含み)、行列の巡行は約2時間にも及ぶ一大歴史風俗絵巻。

ざ・京都の時代祭特集はこちら

【場所】御所~御池通~平安神宮
【URL】京都市観光協会
【TEL】京都市観光協会 075-752-0227

※主催者の都合や天候等の理由により、日程や内容等が変更になる場合がありますので、
事前にご確認をお願いします。

クローズアップ