上賀茂神社 賀茂競馬会足汰式

5月1日、上賀茂神社では競馬会足汰式(くらべうまえあしぞろえしき)が行われました。

葵祭の前儀として、5月5日に行われる「賀茂競馬(かもくらべうま)」に先立ち、馬の年齢、遅速を実際に見て組合せを決定するものです。
烏帽子に浄衣の装束で騎乗し、本格的に馬にムチを入れ試走する姿は迫力あります。

5日の賀茂競馬は、午前中の菖蒲根合わせの儀に始まり、午後は乗尻(騎手)が安全と必勝を祈る乗尻奉幣の儀等が行われます。
その後、12頭の馬が左・右番(つがい)になって、速さ、作法などを競います。

 

 

コメントを残す