白峰神宮 含笑花(ガンシュウゲ)

「まりの神様」として知られる白峰神宮は、日本サッカー協会をはじめ各種スポーツにおいて、使用された公式球が奉納されています。
白峰神宮で、含笑花(ガンシュウゲ)という慎ましく微笑んでいるような花が咲いています。唐種招霊(からたねおがたま)ともいうそうです。

一般に神社に植えられていることが多く、 霊木としての扱いを受けているそうです。

コメントを残す