北野天満宮 大茅の輪

北野天満宮では今日25日に大茅の輪くぐりが行われています。
昨日の夕方、大茅の輪が設置されました。
周山より刈り出して干した茅を15メートルの青竹に巻き上げます。それを楼門まで担ぎ出し、天井に滑車を取り付け神職総がかりで引き上げます。
総力をあげて作る茅の輪は、直径が5mにもなる大茅の輪になります。

今日の天神さんは夏越天神とも呼ばれるようです。朝、5時から大茅の輪くぐりができます。
この茅の輪は参拝者が茅を抜いて持ち帰ります。その場で小さな茅の輪を作っている人もいます。

6月30日にも茅の輪くぐりが行われます。

コメントを残す