金光寺 竜舌蘭(リュウゼツラン)

あまり聞きなれない竜舌蘭(リュウゼツラン)。メキシコ原産で葉が竜の舌に似ていることから名付けられたそうです。
地面近くの葉はすごく固いが、葉のしぼり汁は醸造してテキーラになるのだとか。

花が咲くのは100年とか70年に一度とか言われ、ニューッと5m以上の花柱が伸びて、黄色い花が咲きます。
花が咲くとそのあとで枯死してしまうのですが、枯死する寸前に子株を根元のところに作っておき、しっかりと子孫を残すそうです。
こんな珍しい花が六条通河原町西入ルの金光寺で開花しました。花の見ごろはちょっと過ぎてしまったという感じですが・・・

コメントを残す