寂光院 秋海棠

大原の寂光院は平清盛の娘で安徳天皇の母である建礼門院が、尼として余生を過ごしたところです。

寂光院の秋海棠も見ごろを迎えています。
秋海棠は、境内の小さな池「四方正面の池」のほとりを中心に自生したものが咲いています。
「古い寺は、昔からの風景を守っていかなならん」と前住職がおっしゃっていたそうで、寺のたたずまいにあまり手をかけるのは嫌がられたそうです。

緑の庭の中で、薄紅色の小さな花の秋海棠は名脇役を務めます。
今の時期は、門をくぐると本堂の前に紅白の百日紅が咲いています。白い百日紅は雪のように白い花を付けて綺麗です。

コメントを残す