橋姫神社の伝説

宇治橋の西詰にある橋姫神社。宇治橋を守るとされる神社です。
橋姫神社には二つの祠があり、一つは瀬織津姫(せおりつひめ)と呼ばれる水の神様、もう一つは橋姫が祀られています。

この橋姫には丑の刻参りの元となる怖い伝説があります。
その昔、宇治の公家の娘である橋姫という女性が夫をある女性にとられた事から始まります。
橋姫は貴船神社に七日間こもり「妬ましいあの女を取り殺したいので、願わくば生きながら鬼神にしてください」と祈った。
これを聞いた貴船明神は、「鬼になりたければ姿を変えて、宇治川に21日間身を浸けよ」と告げたそうです。
橋姫は長い髪を5つに分けて角を作り、顔に朱を、体には丹を塗り、頭に鉄輪を乗せ、その鉄輪の三つの足に松をつけて火を灯し、両端に火をつけた松明を口にくわえるというおそろしい姿で、21日間、宇治川に身を浸し生きながら鬼となったそうです。
念願の鬼となった彼女は、自分を「あさましい・・・」と、さげすむ者すべてをとり殺したと言います。

その鬼になった橋姫を封印したのは安倍晴明で、安倍晴明に追い詰められた橋姫が息絶えた井戸は命婦稲荷神社(京都市下京区)の鉄輪の井戸だそうです。

このような伝説から橋姫神社は縁切りで知られるようになりました。
なんとも女の怨念は怖いものです。男性の皆様お気を付けください(*^^)v

 

コメントを残す