天寧寺 杜鵑草

天寧寺(てんねいじ)は、曹洞宗のお寺です。
山門を通して比叡山を眺めると、あたかも額に入ったように見える「額縁門」が知られています。

天寧寺に杜鵑草(ほととぎす)が咲いています。
若葉や花にある斑点模様が、鳥のホトトギスの胸にある模様と 似ていることからこの名になったようです。
ちなみに鳥のホトトギスの方は「不如帰」と書きます。
英名は「がまガエルのユリ」というらしいです。ユリ科のお花です。

他にも酔芙蓉、秋明菊、紫式部などが見ごろを迎えています。
お天気の良い日に、まずは門を入る前に門を額縁に見立てて景色を見てください。
比叡山がきれいに入った一枚の絵を堪能してください。

コメントを残す