紫式部墓所 小紫

紫式部の墓所には西側に「紫式部」の墓が、東側に平安時代の歌人「小野篁」の墓があります。
紫式部は、源氏物語の作者として有名ですが、小野篁(おののたかむら)は昼は宮仕え、夜は京都六道珍皇寺の裏手にある井戸から冥途世界に下り、閻魔大王に仕えていたと言われています。
生きた時代も違うはずの2人のお墓が仲良く並んでいるのはなぜ?
いろんな説があるそうです。
一つには、紫式部は「源氏物語という色恋の絵空事を書いて多くの人々の心を惑わした」罪で亡くなった後に地獄に堕ちたそうです。
そのため熱狂的な源氏物語ファンが紫式部の墓の横に小野篁の墓を移動させて、紫式部を助けるように頼んだという説があるそうです。

で、この紫式部墓所に紫式部(正確には小紫だと思いますが)見ごろになっています。
紫野の紫式部墓所に紫式部(*^^*)

コメントを残す