大覚寺 嵯峨菊展

大覚寺では11月1日より、嵯峨菊展が開催されています。
嵯峨菊は日本の代表的な古典菊で、大沢池の浮島に群生し嵯峨天皇が好んだとされています。

大覚寺の嵯峨菊展は一鉢に三本、高は約2メートルに仕立てます。
花は先端が三輪、中程に五輪、下手に七輪と、七・五・三に、葉は下部を黄色、中程には緑、上の方は淡緑というように仕立て、春夏秋冬をあらわします。
「天・地・人」の微妙な配置に仕立て上げた、格調高い菊と言われています。
茶せんを逆さにしたようなきゃしゃな花弁が特徴で、嵯峨菊展には約800鉢が飾られています。

大覚寺では秋季特別名宝展も開催されていて、まもなくライトアップも始まります。
嵯峨菊展は11月末までです。そろそろ紅葉も見ごろになってくるので両方楽しむこともできますね(*^^*)

コメントを残す